入間東部地区事務組合議会議員の視察研修に行きました。
昔から浸水に悩まされてきた地域の浸水被害解消のために建設された地下放水路は、5つの立坑と地下50mにある全長6.3kmのトンネルからなります。最後の調圧水槽は巨大な神殿を思わせるような建物でした。規模は違えど浸水被害の解消につながるものをふじみ野市にもと思いました。
また、今年度から稼働している浄化センター(し尿処理)の運転状況を確認しました。

コメントは受付けていません。

Twitter
サイト管理者
ふじみ野市 伊藤美枝子
mieko-ito@hotmail.co.jp