今日で東日本大震災から4年になります。午後2時46分、市役所で1分間の黙とうをさせていただきました。亡くなられた多くの方々、いまだ行方のわからない方々に哀悼の意を表します。

4年前の3月11日は議会中で、一般質問の1日目でした。今まで感じたことの無い大きな揺れでした。市役所の外に避難すると池の水が外にあふれ出し、地震の凄さを改めて感じました。余震もあり議会も続けられる状況ではなく自然散会となりました。

テレビに映し出される津波の映像に言葉を失いました。各地の状況が伝えられるたびに絶望的な気持ちになってきました。野田や釜石の友人は無事だろうか。無事であってほしいと祈っていました。その後無事が確認でき会いに行ってきました。

今日、夕方のテレビで、南三陸町と石巻市の大川小学校が映っていました。どちらも現地を訪れた時に、言いようのない悲しみが襲ってきました。南三陸町は、女性職員が最後の最後まで町民に避難を呼びかけ続けて亡くなられたところです。怖かったと思います。大川小学校も多くの子ども達が犠牲となりました。すぐ裏に山があるのにと悔やまれました。当時奇跡的に助かった男の子が、中学の卒業式をむかえていました。津波の威力を後世に伝えるために小学校の校舎の存続をしっかり訴えていました。

釜石市は、多くの時間を使って小中学生に防災教育をおこなってきました。中学生たちが率先して避難する姿を見た小学生やまわりの大人たちも高台へさらに高台へと避難した姿は「釜石の奇跡」として紹介されました。日頃からの防災教育が活かされた姿でした。

明日12日は、一般質問を1番目に行います。質問は

1.デマンド交通との併用を視野に入れた市内循環バスの見直しについて。

2.防犯、防災教育について。

3.柔軟な取り組みで健診(検診)の推進について。

①大型商業施設やコンビニの駐車場を利用しての健診。

②子宮頸がん検診にHPV検査の併用。

③乳がん検診を集団検診と個別健診の選択制に。

4.ふじみ野市誕生10周年記念事業として映画「じんじん」の上映をです。

 

コメントは受付けていません。

Twitter
サイト管理者
ふじみ野市 伊藤美枝子
mieko-ito@hotmail.co.jp