今日は午後1時30分から市役所の5階大会議室で行われた、認知症サポーター養成講座に参加しました。
50名程の参加者で会場はいっぱいでした。
今年の3月議会で、認知症についての質問をさせていただきましたので、さらに理解を深める機会にもなりました。また、「認知症の人と家族の会」の伊藤さんのお話も伺うことができました。講師は、しおん社会福祉事務所の柴田さんと地域包括支援センターふくおかの吉田さんでした。

認知症の高齢者数は、65歳以上で15%といわれており、ふじみ野市の高齢者数24,784人の15%となると、3,700人が認知症と考えられます。また、85歳以上の4人に1人が認知症とも言われています。
今後益々高齢者人口の増加に伴い、認知症は増え続けます。認知症の方の尊厳を守り、住み慣れた地域で安心して暮らせるふじみ野市にしたいと考えています。

認知症を起こす代表的な病気に、①アルツハイマー病(5~6割)②脳血管性認知症(約2割)③レビー小体型認知症④前頭側頭型認知症(ピック病など)があります。
中核症状(記憶障害や時間や場所を認識する能力、料理の段取りなど)は、治らないけれども、
行動・心理症状(不安や徘徊、興奮やうつ状態など)は、改善できます。
その為にも、認知症を正しく理解し、サポートをする人が一人でも増えてほしいと思います。

また、早期診断・早期治療で治る認知症もあるため、かかりつけ医の多くが物忘れ相談医となり、変化を見逃さずに適切な治療につなげられればと思います。

認知症は、本人も家族もともに苦しみます。少しでも介護の手を休めて気分転換ができる環境の整備をしたいですね。
今日は、介護関係者だけではなく、実際にご家族の介護をされている方も参加されての講座で良かったと思います。今後も、このような機会を増やして欲しいと思いました。

 

3月議会での質問内容

1、認知症を理解するための取り組み、①認知症サポーター講座の推進、②当事者家族の相談体制、③小中学校での認知症教育。
2、早期発見、早期治療、①健康診断時の認知症問診の実施と実態把握、②簡易聴覚チェッカーの活用。
3、地域での見守り、①地域の企業、商店などとの連携、②地域住民の見守りネットワーク。
4、認知症予防の取り組みについて。


コメントは受付けていません。

Twitter
サイト管理者
ふじみ野市 伊藤美枝子
mieko-ito@hotmail.co.jp