バックナンバー 2018年 10月
dsc_2473.jpg
dsc_2477.jpg

第31回かりがね祭開会式に出席し、投げ松明を体験してきました。
富士川左岸の雁がね堤は、300年以上前に富士の古郡氏親子三代が50年以上かけて、度々氾濫する富士川から田畑と人々を守るために築堤した偉業を称えるとともに、人柱となった御霊に感謝し富士川の氾濫で犠牲となった人々を追悼する祭です。

最近の記事
モバイルサイトQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
富士市 望月昇
noboru1964@sky.plala.or.jp