dsc_2418.jpg

新嘗祭献穀事業「抜穂祭」(ぬいぼさい)に出席しお祝いを述べました。収穫したお米は宮内庁に届けられます。
毎年、静岡県内で一ヶ所選定され富士市は14年ぶりに選定されました。
市内岩松地区の農家が献穀者に選ばれ、5月に「御田植祭」が行われて以来この4ヶ月の間、献穀者の農家の方は、気の休まることがなかったことと思います。
黄金色に染まる稲穂は素晴らしかったです。

コメントは受付けていません。

最近の記事
モバイルサイトQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
富士市 望月昇
noboru1964@sky.plala.or.jp