色覚バリアフリーの導入
色覚障害という呼び名は差別的表現だとして色覚特性と言いますが、日本人男性の20人に1人、女性では500人に1人の割合で色覚特性の方がいるといわれています。
現在、市で発行する刊行物やウェッブサイトまた公共施設の案内看板さらに学校の黒板に書くチョークの色の組み合わせ等に配慮するため色覚(カラー)バリアフリーが導入されています。

コメントは受付けていません。

最近の記事
モバイルサイトQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
富士市 望月昇
noboru1964@sky.plala.or.jp