27日(金)午前10時より市役所10階全員協議会室において全議員を対象に議員研修会が行われました。

始めに防災危機管理課長より富士市の地域防災計画について説明を受けた後に質疑が行われました。震災の直後でもあり多くの議員から様々な質問意見が出されました。

市町村の地域防災計画は、国・県の防災計画を受けて策定しなければならないことが法律により規定されているため、見直しも国県の防災計画の見直しがなされた後にしか出来ずもどかしさを感じます。一刻も早く国県に見直しを行ってもらいたい。

昨年4月に防災マップが全戸配布されています。先日多くの人に聞いてみましたが防災マップの存在すら知らない方がほとんどでした。平時の備えが大事です。

そのあとに今年4月1日から施行された富士市議会基本条例について研修を行いました。

改選後の本年から議会もこれまでの仕組みと様々に変わりました。委員会等においいて議員間討議が出来るようになったことや議会報告会の開催、当局に反問権が認められたこと、議員の口利きを防止するため各部署に於いて議員からの様々な要望等は専用の報告書に記載され課長から部長に、さらに副市長へ(特に重要な事項は市長まで)送られ保管されることになったことなど。

新人議員も含めて内容と主旨の確認が行われました。

コメントは受付けていません。

最近の記事
モバイルサイトQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
富士市 望月昇
noboru1964@sky.plala.or.jp