ブログバックナンバー
サイト管理者
江戸川区 佐々木勇一
sasaki@e-komei.com

 

2011年に被災地にて

2011年に被災地にて

東日本大震災から本日で10年となりました。

犠牲となられた方々やご遺族に哀悼の誠を捧げるとともに、被災された皆様にお見舞い申し上げます。

 

江戸川区役所の国旗・区旗も半旗となり、区として弔意を表せて頂いております。私も犠牲者と被災者の方々を想い、被災時刻に黙祷を捧げました。

 

10年は時としては一つの区切りかもしれません。しかし、ご遺族や被災者の方々にとって、哀しみ悲しみに一区切りはないかと存じます。

また、新型コロナウイルス感染症による心身や経済的な影響は、ご遺族や被災者の方々にも大きな影を落としています。

 

しかし、厳しい東北の冬を乗り越えて咲く花々のように、”冬は必ず春となる”と私は信じています。 ”負げてたまっか!”の東北魂の底力を私は信じています。

 

私も江戸川区議会議員として、そして公明党の議員として復旧・復興のために被災地に足を運ばせて頂くとともに、江戸川区民の生命と財産を守るための施策として推進させて頂いております。

 

江戸川区では今も、被災地である気仙沼市に職員派遣を続けています。区役所に残っている職員も、「派遣職員の分まで」との思いで現場を必死で守って下さっています。

 

公明党としては、国会議員を中心に被災三県に議員の担当制を敷き、現在も現場に通い続けています。その上で、福島第一原子力発電所の事故による被害に苦しむ福島県民を初め、被災各県のお声を受け止めた様々な復旧・復興を進め、公明党が主張した復興庁の延長も実現することができました。

 

これからも、公明党、佐々木ゆういちは、被災者に寄り添い、誰も置き去りにしない復興、未来を拓く創造的復興を進めて参ります!

Screenshot_20210311-150825

コメントは受付けていません。