1477394030700.jpg

いざというとき、家族やまわりにいる人がすぐ手当てを行えば、救命の可能性は高くなります。そのための[心肺蘇生]と[AEDの使い方]を学んできました。

コメントは受付けていません。