Twitter
Twitter
ブログバックナンバー
サイト管理者
公明党○○支部 平野充
hirano-m@jc.ejnet.ne.jp

調布市東つつじヶ丘2丁目陥没現場

令和2年10月28日(水) くもり時々晴れ

 

陥没については多くのメディアで報告されています。

 

陥没が起きる1か月前より、

地域住民の方々のお声(揺れ・地響き・家屋の一部損壊等)を伺い、

工事事業者や国交省の管理職へも連絡し、要望を届け、

直接会って話をしてきました。

そのような中で起きた陥没でした。

 

10月18日(日)正午、現場に駆け付け、その場から

ネクスコ幹部、中島よしお都議、国会議員、調布市の部長等に電話し

「現場に急行し早急の対応を」と連絡いたしました。

駆け付けた中島都議はその場で国交省に連絡し、

午後には国交省幹部も現場に駆け付けてきました。

 

中島よしお都議とともに

住民の安全確保と、陥没原因の調査に全力を注ぐよう指示しました。

翌19日には「都議会公明党」として緊急要望を

20日には「調布市長と市議会議長」の連名で緊急要望を提出。

 

陥没の原因調査については、大きく分けて、空洞調査とボーリング地質調査ですが

本日も、中島よしお都議とともに現地にて

既に始まっている調査状況を確認し、

調査メニュー(項目)について

国交省・ネクスコ東日本より説明を受けました。

※資料については既にアップされています

(10月19日に行われた第22回東京外環トンネル施工等検討委員会のもの)

P1360442

◎空洞調査

◎ボーリング調査

◎地下水(水脈・水の動き)の調査

◎埋設物の確認調査

◎地歴等の調査

★ボーリング調査に合わせ、音響トモグラフィ調査を行い、

周辺住宅家屋の下の地質等も調査していく計画を確認しました。

尚、外環道工事は現場に限らず、区間すべて休止させていることも確認いたしました。

東つつじヶ丘2丁目現場の警備は24時間体制で続行中。

 

そして、できるだけ早期に

調査による結果(報告できる内容)をもって

地域住民への説明会を開催するよう指示いたしました。

 

既に始まっている路面空洞調査については、

IMG_3948

陥没現場周辺に限らず、

範囲を拡大して行うよう(狭い道路は手押し車での空洞調査もできる)

要望いたしました。

 

別件ですが、

多くの方々がコロナの影響をうける中、

個人事業者からは持続化給付金の申請や家賃支援について。

従業員として働いている方々からは休業補償の滞りなど、

日々、相談を受け、関係機関に働きかけ、対応に走っております。

一方、コロナ感染者数は高止まり状態(全国的には微増傾向)

が続いており心配です。

苦しい日々が続きますが

手洗い・うがい・マスク着用等、体調にも気をつけながら

乗り越えていくしかないのかと、

油断することなく覚悟して過ごす毎日です。

 

 

コメントは受付けていません。