Twitter
Twitter
ブログバックナンバー
サイト管理者
公明党○○支部 平野充
hirano-m@jc.ejnet.ne.jp

Archive for 2020年 9月

コロナ禍での議会(3定)終了

令和2年9月29日(火) 晴れ

昨日は久方ぶりにきれいな澄んだ青空を見ました。

猛暑去り、ふと、秋の訪れを感じました。

IMG_3684

夏から秋へと季節の移り変わりとともに花咲く芙蓉。

次から次へと、たくさんの花が咲きます。

 

さて、9月議会(第3回定例会)が閉会しました。

例年には見ない、コロナ禍ならではともいえる補正予算(内容)を議決。

3定は昨年度の決算審査が中心ですが

今日は、今年度の補正予算のほうをご報告いたします。

 

厚生委員会所管では

☆市内、保育従事者の皆さまへの感謝の意をこめた

「スーパープレミアム商品券・一人5000円分の贈呈」が決定。

認可・認証・認可外・保育ママ・学童・ユーフォー・一時預かり・ショートステイ等、

市内の保育事業に従事してくださっている方々3320人(169施設)

※10月中には各事業所様へ贈呈できる予定です。

DSC_8559

(写真は最終日・委員会の審査結果報告)

 

☆子ども食堂事業に携わる運営費として

1施設あたり上限170万円の補助金が決定。

人件費以外なら食材や運送費など幅広く使えます。

※4月までさかのぼり、年明け3月31日までの1年間の活動費として。

これは東京都からの支援になります。

 

☆住居確保給付金事業の予算拡充が決定

コロナにより、収入減となり生活に困る方への家賃支援のことです。

もちろん収入基準は定められていますが、

調布市の社協が窓口になります。

(先ずは電話での確認が良いでしょう)

7月時点で市内300件を超える支援がなされています。

議会では、この支援予算を更に拡充しました。

財源は、国が4分の3、市が4分の1。

 

☆コロナ対策としての費用は、

調布市内に設置されたPCR検査場の下半期の費用。

発熱外来診療所の増開設にかかる費用。

入院受入れの医療機関ベッド確保費用。

診療所での「だ液」によるPCR検査への補助費用。

※「だ液」検査も発熱外来ができる診療所になります。

その他、

発熱は無く、陰性証明が必要な場合等に検査(自費)をしてもらえる診療所は

市内にも何か所かは有り、ネット検索で探せます。

 

議会以外での、その他の情報として、

★子宮頸がんワクチンの予防接種が無料で受けられます。

高校1年生相当の女子の保護者あてに通知されます。

 

毎年、冬に流行するインフルエンザの予防接種ですが

今はコロナ禍ということもあり、

★調布市でも65歳以上の高齢者は自己負担なしで接種が受けられます。

10月1日スタート。

診療所によっては既に予約も始まっています。

※都議会公明党として都知事に要望申入れをし、

東京都の今補正予算に、この財源(上乗せ分)が盛り込まれています。

よって、今年度は、

65歳以上の人は市と都の補助金の合計で自己負担なし(無料)で

受けられます。

 

★ロタウイルスワクチンも、

10月1日より、こちらは定期予防接種としてスタートします。

自己負担はありません。

令和2年8月1日以降に生まれた子。

 

最後に、厚生委員会の所管ではありませんが

☆中小企業等家賃支援給付金が決定しました。

これまで、テナント事業者へ国や都からも家賃支援がありますが、

国や都の支援対象外になっている方々へ、市が支援するものです。

自宅を事務所とされている方も、申告のときに自宅と仕事を別にしてあれば

対象となってきます。

5月~12月の売上高で連続する2カ月の合計が

前年同期比20%以上50%未満減少していること。

1か月で前年同月比50%以上、または、連続3カ月の合計で

前年同期比30%以上減少していないこと。

相談窓口は調布市商工会になります。

 

 

 

 

 

 

 

防災・減災(9月・一般質問)

令和2年9月17日(木) くもり時々晴れ

少し暑さが和らいだ感がいたします。

国は菅新政権が誕生し、勢いよくスタートした感じがいたします。

議員が皆、自己を捨て「国民のため」に徹して働けば

この国は良くなります。

 

さて、調布市では9月の議会も終盤になってきました。

IMG_3623

9月の議会は昨年度の決算審査が主ですが、

コロナ禍の「今」においての補正予算も審査しております。

また、一般質問も既に終えています。

DSC_7870

(質問は「調布市議会中継のインターネット配信」検索で視聴できます)

 

今年も既に台風9号・10号が九州地方を中心に暴風雨をもたらしました。

台風が日本列島を襲うときは夜中じゅうテレビをつけたまま眠ってしまいます。

自然災害はどうしても避けて通ることはできません。

今回の一般質問では被害を最小限に抑えることに向けた訴えとして

先ずは、浸水想定区域にお住いの方々への配慮。

早めの避難で、車両で移動し避難される方々は多くいらっしゃいます。

そのためにも緊急時での大型駐車場を確保すべきだと、

味スタ、武蔵野の森総合スポーツ施設、神代植物公園、

また、大型ショッピングセンター等々、

「市は緊急避難用の駐車場確保に努めよ」と訴えました。

P1360185

※中島よしお都議(右)とともに行政への要望にも動きました。

P1360183

※東京スタジアム(味スタ)周辺の駐車場。

IMG_3358

避難所で使用する段ボールベッド資材も

市は製作企業との協定を結んでいますが、

市内での備蓄は無く、

市内の各公共施設へ分散してでも備蓄を開始すべきであると訴えました。

 

その他、

昨年の9月26日付で、調布市内でも

「土砂災害特別警戒区域」に指定された場所があることから、

当該地域の住民や、斜面土地の所有者を守るためにも

「急傾斜地の崩壊による災害の防止に関する法律」をもととした

整備補助のご案内、更に自己負担が重い場合には

市からも整備助成金を設け、

災害を防ぐ、あるいは最小限に抑えるための行動を起こすよう訴えました。

 

議会での審査報告は、後日またアップします。

 

最後に、

神代団地の「たかや橋」周辺の道路を整備していただきました。

神代団地の住民の方々から道路の傷みに対する補修のご要望を

受けておりました。

予算の都合上、1年遅れとなってしまいましたが

先月の8月下旬にきれいに舗装していただきました。

IMG_3580

写真手前が「たかや橋」

IMG_3570

写真右が「たかや橋」