Twitter
Twitter
ブログバックナンバー
サイト管理者
公明党○○支部 平野充
hirano-m@jc.ejnet.ne.jp

特別定額給付金(10万円)オンライン申請始まる

令和2年5月2日(土) 晴れ

東京は25℃超えの夏日となりました。

咲き誇った桜も新緑の季節へ

外を見渡すと「つつじ」が気持ちよさそうに咲いています。

IMG_3222

ゴールデンウイークも、今年は「ステイホーム」ウイーク。

P1360076

食料はあるものの、わが家では「マスク」が乏しくなってきました。

しかたなく、「マスク」を探しに少しだけ外に出ました。

なんと、調布駅前のドラッグストアで「マスク入荷」の札を見つけました。

 IMG_3223

宝さがしを当てたような気持ちになり感動が走りました。

しかし、マスクの値は上がっていました。

5枚入りで、税込み 602円

もちろんお客様一人一つ限り。

IMG_3225

 

さて、本題の 給付金オンライン申請ですが

全国的に昨日の5月1日から始まりました。

(マイナンバーカードを取得されている方に限ります)

調布市内でも続々とオンライン申請が届いているとのことです。

 

パソコンでは、ICカードリーダーが別途必要になりますが

スマホだと「NFC」機能が最初からついている機種も多く

マイナンバーカードにスマホをかざすだけで読み取ってくれます。

(電車に乗る時のパスモやスイカのように、かざすだけで読み取る機能です)

※ただし、それ以外の入力に、けっこう手間がかかり、

なかなかスムーズに進んでいくものではありません。

スマホの扱いに慣れている人でも

オンライン申請には30分はかかるかと言われています。

その上で、前もって認識しておきたいことですが、

このオンライン申請を完了させれば

すぐに一人10万円が給付されるわけではありません。

もちろん、

市役所ではこのGW中も、申請に関係する部署は休み返上で

出動しています。

ニュースでも報道があるように、人口が多い自治体ほど、

給付までに時間がかかるということです。

 

調布市は12万を超える世帯があり、

人口は23万7500人に達しています。

5月中旬以降、あるいは下旬頃になるかもしれませんが

申請書が各世帯に発送され始めます。

その後、返信も完了してからの給付となります。

オンライン申請は、その申請書の往復の時間が省けるという理屈です。

 

そうすると、スムーズに進めば5月下旬頃には給付されるのかな???

ただ、今日の段階では

申請書を発送できる体制等の(スタンバイまでの)日数が見えてこないので

これらのスケジュールは、あくまで、私の予測までです。。。

 

ところで、先日の4月28日、東京都の協力金に理容・美容も加わりました。

4月30日~5月6日までの1週間、休業すれば15万円という協力金。

 

私も知り合いの方々へは次々と周知して差し上げましたが

あまりに急で、GWはすでに予約も入っており休業は困難との方々が

ほとんどでした。

更に、理美容の店舗は賃貸での場合が多く、

何とか店舗の家賃補助をお願いしたいとのご要望を受ける中、

至急、中島よしお(都議会公明党団長)に要望をあげました。

この件は、公明党国会議員のほうでも既に要請を出しており

正に検討中とのことでした。

 

その他、給付について・融資について・雇用について

学校や保育のことについて、あるいは、身体の具合について、等々

日々、お問い合わせ(メールや電話)をいただいております。

私自身にできることなら全力で

一人でも多くの方々のお役に立てれるよう頑張ります。

 

まもなくGW開けには調布では臨時議会を議題に含む議会運営委員会が開かれます。

市民、皆さまがご苦労されている中、少しでも信頼される議員になっていけるよう

努力してまいります。

 

コメントは受付けていません。