Twitter
Twitter
ブログバックナンバー
サイト管理者
公明党○○支部 平野充
hirano-m@jc.ejnet.ne.jp

私立高校授業料の無償化

平成29年4月30日(日) 晴れ

ゴールデンウイークに入りました。

まちを歩けば初夏を感じさせる樹木や草花が生きる喜びを伝えてくれます。

P1300494

調布市での暮らしの向上、福祉増進をめざし、相談会にも駆けつけ、

子育て中の保護者の方々の声も伺っております。

P1300474

乳幼児から中高・大学生まで、

お母さん方も苦闘の日々を過ごしていらっしゃることが伺えます。

この4月より幼稚園の入園補助金が1万円から3万円に拡充できたこと。

(スタートは10月から)

公明党として予算要望してきたことがひとつづつ実現していっております。

P1300491

(相談会の外では公園の藤棚にもきれいな藤の花が咲き誇っていました)

今日は都議会公明党の提案を小池都知事が理解してくださり実現した

私立高校の授業料実質無償化についてお伝えします。

東京都としても画期的な教育支援です。

現在、国からは都立も私立にも年間11万8800円の就学支援金制度があります。

(年収上限910万円まで。年収に応じて額の上乗せあり)

東京都では全体の約6割ともいわれる子が私学に通っています。

中には、都立に行きたくても行けずに私学に通う子も多くいます。

都立高校の一般入試では平均1.42倍の競争率。

142人受験すれば、42人が不合格になることになります。

都立受験者の約3分の1の子が都立に行けません。

結果、保護者には大きな負担がのしかかります。

また、世帯収入によって学ぶことへの不公平(格差)を解消していくことに目的があります。

そのような背景がある中で、

東京都が予算を計上し、年収760万円未満の世帯に対し、

国の支援金にプラスして私立高校授業料負担軽減のために

合わせて年額44万2000円(最大額)まで補助されることになりました。

手続きについては、

6月に住民税の額が確定してから

学校を通じて説明されます。

(東京都の補助事業ですから、都内に在住の方が対象です)

その後、申請手続きを経て、支給は12月ころになる予定です。

IMG_3902

29日(土)には、現在の都議会公明党団長

長年にわたり、都議会公明党の幹事長を務めてきた

実力No.1の「中島よしお」議員が

未来を担う青年とともに力強く

調布駅前で都政報告を行いました。

今、小池都知事に最も信頼されているのが中島よしおです。

行政・議会の両輪で都政を引っ張っているリーダーは、

この二人といっても過言ではありません。

その証として、

5月5日、午前11時には調布駅での公明党街頭演説会に

小池都知事が応援弁士として駆けつけます。

ぜひ、その応援演説を聞いてご確認ください。

コメントは受付けていません。