Twitter
Twitter
ブログバックナンバー
サイト管理者
公明党○○支部 平野充
hirano-m@jc.ejnet.ne.jp

日本共産党のデマが明るみに

平成28年2月9日(火) 晴れ

「デマ」を広辞苑で調べると、「デマゴギー」の略とある。

その「デマゴギー」とは、

●事実と反する煽動的な宣伝。

●悪宣伝。

●ためにする嘘話。中傷。

 

まさに、共産党系のビラ・チラシそのものではないだろうか。

事実に反する、あるいは事実と全く逆のことを宣伝して攪乱させる。

このたびも、エスカレートする共産党が国会の場で糾弾されていました。

P1260618

そこまで嘘を並べ立てて、いったい、その先の狙いは何なのか?

特に若い人たちはここをよく考えていただきたいと思う。

 年配の方々は共産党の狙いが何なのかを知っている人は多くいらっしゃいます。

 

平和主義・戦争放棄がうたわれた日本国憲法に反対した日本共産党。

本年1月4日の国会開会式では実に69年ぶりに共産党が出席。

逆に言えば、69年間も国会の開会式に出ていないということ。

急に考え方を変えたのか、それとも、ここにも別の狙いがあるのか。

先日もミサイルを発射した北朝鮮を「危険はない」とする見解を示しながら、

ミサイル発射に対する抗議決議に共産党としては珍しい「賛成」。

 

他の野党にすり寄り、「国民連合政府」とやらの呼びかけで

仮にそれがうまくいったとすれば、その次の狙い(作戦)は何なのか?

 

すべて、昨年の「戦争法」騒ぎから連動している作戦であることは

もはや見え透いています。

 

歴史をみても、これまで「共産主義」による犠牲者は何百万、いや何千万人にも達していることは

世界の歴史をひもとけば分かること。

 

「共産主義」の実現が目的であるのか、

「人間」の幸福が目的であるのか、

 

その答えは、言動や行動にすでに表れています。

 

 

 

コメントは受付けていません。