Twitter
Twitter
ブログバックナンバー
サイト管理者
公明党○○支部 平野充
hirano-m@jc.ejnet.ne.jp

12月議会

平成27年12月8日(火)晴れ

ブログの更新が2週間ほど途絶えてしまいました。

議会の準備などでなかなか時間が取れず。。。

11月30日より始まった調布市議会の平成27年の第4回定例会も

本日は委員会

補正予算の審査や陳情の審議を行いました。

私(平野)の一般質問は12月2日に行いました。

DSC_6239

去る9月12日、東京湾を震源とする地震では最大震度を

調布市で震度5弱を記録しましたが、

「5弱」は消防署つつじヶ丘出張所で

本庁舎敷地内では震度「3」でした。

直線距離にして約2.7キロメートルしか離れていない同じ市内で2段階もの差。

このことについて調査した上で質問しました。

P1250947

事前に「つくば」の地質研究室に行って3人の博士に地質や地盤について教えていただきました。

博士いわく「調布市は全体的に地盤はすごくいいところなんですよ」とのことでした。

調布市の地質や地盤のこともよくご存じでした。

多摩川に近い地域も、地盤そのものは決して悪くなく、

硬い砂利層であり「良い」とのことでした。

ただ、市内においてなぜ震度が2段階もの違いが出るのか、

確かな原因は分かりませんでしたが

揺れる地域にお住まいの方に対しては、

「この地域は地震の際に揺れるんだ」との自覚をもっていただき、

各々に揺れに対する対策を行わなくてはならないと思い、

そのためにも、説得力ある裏付けとして、

調布市に対し「揺れやすさマップ」の作成を今議会にて提案しました。

50メートルメッシュで地域を細かく分けて揺れやすさを表示していくものです。

次に、

カラーユニバーサルデザイン(色づかいについて)の質問では

更なる取組みを求めました。

すでに調布市では学校教科書をカラーユニバーサルデザインのものを

選考されています。(小学校ではすでに本年4月より。中学校では来年4月から)

P1240979

(写真は参考として色使いに配慮されている教科書を掲載しています)

この質問は2年前に一度行っており、

今回は映像を使ってより分かりやすく説明しながら質問しました。

調布市では、他市に比べ色弱者への配慮が進んできています。

以上、一般質問の詳細(全部)は

調布市のホームページから市議会の議会中継(録画)で確認できます。

コメントは受付けていません。