Twitter
Twitter
ブログバックナンバー
サイト管理者
公明党○○支部 平野充
hirano-m@jc.ejnet.ne.jp

第27回 調布市福祉大会

平成27年10月2日(金)雨のち晴れ

昨夜から猛烈に発達する低気圧が日本海を北上し、

北陸から北海道にかけて被害がでているというニュースに心が痛む一日でした。

 

調布市では第27回の福祉大会が行われました。

IMG_1112

この福祉大会で表彰される方々こそ深く深く感謝の意を捧げたい。

人間社会をまごころで支え、一人一人をつないでくださる貴き方々。

事業協力・地域活動、そして高額寄付に運動協力、

本当にありがとうございます。

IMG_1090

表彰の後、ひだまりサロンの活動報告がありました。

議会でも私が度々紹介申し上げる「ひだまりサロン」

高齢社会の中で生きる方々を差別なく温かく迎え入れるサロン。

今日は「飛田給ひだまり」の運営に携わる方々が舞台で報告してくださいました。

IMG_1098

実際に輪投げも実演してくださいました。

報告の中でもおっしゃられました

「自治会や老人会など、何も所属してなくても誰でも来れるのが“ひだまりサロン”です」

また、

「手作りお弁当などを用意しても費用の心配がいらないことが助かります」 と。

私も同感です。

このひだまりサロンには少々補助金が出ていますが、

私は大変有効な補助金であると思っています。

調布市には70を超えるひだまりサロンがありますが、

その活動に自宅を提供してくださっている方もいらっしゃいます。

今後も持続可能な、更に充実した“ひだまりサロン”のあり方を私は描いています。

このことについては9月の議会での質問にて提案・要望させていただきました。

 

さて、次に第二部のアトラクションを鑑賞させていただいた感想ですが、

杉森小学校でのお母さんたちで構成される

かえるクラブ(Voci Rane)の歌声を聴かせていただき大変に驚きました。

なんと綺麗な声だろうか。

素晴らしく感動のコーラスグループでした。

アマチュアだからこそ、プロには出せない魅力というものもあります。

まさに、何度でも聴きたくなるような不思議な魅力に満ち溢れたコーラスでした。

IMG_1120

ソプラノ歌手の甲斐美樹先生が指導してくださっているとのことでした。

今日の舞台では指揮をとられていたのが先生でしたが

曲によってはソロで歌われるところもあり、とても素晴らしい声でした。

選曲もまた素晴らしかったです。

こういう感動の時間こそ、心の栄養をいただける貴重な時間。

感謝しています。

「人間」「優しさ」あるいは「機微」といった

キーワードで表現できるでしょうか、

人間性というセンスを磨くために必要な時間というか、

大事な時間であるように思えてなりません。

 

さて、もうひとつのアトラクションは手話ダンスボーカルグループの

HANDSIGN(ハンドサイン)でした。

世界を舞台に活躍されているグループです。

子どもたちに手話を教えてあげる際に、楽しく覚えられるようにと、

びっくりするほど上手なダンスと歌、

歌詞を手話にして振付けて踊るという

これは凄い活動だ!と感動いたしました。

本当にかっこよかったです。

姿も、ダンスも、歌も、何より“やっていること”が。

福祉大会にふさわしい

超ハイレベルな舞台芸術に感激いたしました。

 

ただ、すごく残念なこともありました。

それは、舞台運営上のトラブルです。

またもや、音響の不備により、舞台での芸術を台無しにしてしまうミスがおこりました。

今日の舞台では、ハンドサインのメンバーの方が

「すみません、マイクの調子が悪くて」

と観客に謝りながら舞台を進めるという事態が起こりました。

こんな素晴らしいアーティストを迎えて大変失礼なことをしてしまいました。

私からも、何度も何度も音響設備の改善を求めてきています。

もっと舞台芸術(本番舞台)を大切にしてもらいたいものです。

どんな思いで、また、どれほどの苦労をして本番を迎えていることか。

もっと理解が必要です。

 

 

 

 

コメントは受付けていません。