Twitter
Twitter
ブログバックナンバー
サイト管理者
公明党○○支部 平野充
hirano-m@jc.ejnet.ne.jp

地域包括支援センター仙川が移転

平成27年7月29日(水) 晴れ

今月の7月21日に発展的に移転した地域包括支援センター仙川。

P1240077

移転先は若葉町2丁目22-2です。(東部地域を担当します)

今日は、委託事業者(株式会社つつじヶ丘在宅総合センター)さんが、

地域の方々を招き、豪華なパーティーを開いてくださいました。

P1240081

(写真は事業者さんのケアハウス絆という小規模多機能の建物です)

リフォーム他、諸準備も整い、包括支援センターとしてもスタートすることになりました。

超高齢社会の支え手としてのトップリーダーという名がふさわしい事業者の

意気込み、責任感、エネルギー、

私は常日頃から“素晴らしい”“ブラボー”と感動しております。

株式会社です!

会社で働いている約50人のスタッフの方々も介護や看護、福祉など専門分野の方々も揃っています。

本当によく働いてくださっているのが分かります。

P1240080

このたび、オリジナルのTシャツを作られたそうです。

背中には超ストレートに

「地域包括支援センター仙川」

「移転しました」

「地図」

「電話番号」

一方、表面は実に素敵なイラストになっていました。

一本の青い線である(仙川)と

老若男女が笑顔で手をつないでいるイラストです。

下の写真は今日の記念品でいただいたマグカップですが

IMG_0754

Tシャツと同じイラストです。

私は、この絵にとても感動したのです。

超高齢社会といっても、高齢者だけの問題ではありません。

この絵の中に描かれているように、あらゆる世代の方々が

ふれあい、理解し、お互いを尊敬しあう、

この姿こそが、理想の超高齢社会を支える基本であると思うからです。

 

私は、調布の議会で「暮らしの保健室」(都内では新宿区にあります)をアピールし、

これをヒントに調布独自の展開を提案してきましたが、

今日、まさに、調布版の「暮らしの保健室」がスタートした思いがしました。

 

事業者に半端でない「決意」や「エネルギー」そして「責任感」がなければできないことです。

株式会社つつじヶ丘在宅総合センターは時代の最先端をゆく事業者です!

 

 

 

コメントは受付けていません。