Twitter
Twitter
ブログバックナンバー
サイト管理者
公明党○○支部 平野充
hirano-m@jc.ejnet.ne.jp

経済再生と家計の未来が決まる大切な選挙

平成26年12月5日(金)

夕方6時より、調布駅前ロータリーにて「比例区は公明党」をアピールする

街頭演説会を行いました。

P1210448

比例・東京ブロック候補の高木陽介氏より、有権者の皆さまへ

衆議院選挙における大事な要点を訴えさせていただきました。

自公政権による株価の上昇は、経済界だけでなく、国民にとっての「年金」が

より安定されていくことをお伝えしました。

年金・介護・医療・子育て(社会保障)の安定のために避けることのできない消費税ですが

食料品などの生活必需品に対する税を低く抑える「軽減税率」の導入を

訴え続けている公明党の勝利があってこそ、実現できることを強く訴えました。

P1210437

私(平野)は司会をつとめさせていただきました。

混乱を極めた民主党政権時代に比べ、自公政権になって政治が大きく前に進みました。

自公政権は安定しているように見えますが、

与党の中で、自民党と公明党は、それはそれは議論を飛ばし“喧嘩”をしています。

「暮らしの最前線で奮闘されている庶民を忘れてはならない!」と、

自民党に対し、注文をつきつけ訴え続ける公明党の存在が絶妙なバランスを保っているのです。

このように、「わが国の再生」と「国民の安定した暮らし」が一番の目的であることを

両党が見失わないから自公政権は安定しているのです。

この一番大事な根底の部分が分からないのが今の野党です。

好き勝手な主張に固執し、バラバラで政治を前に進められない。

その姿に国民が嫌気をさしているのです。

このたびの衆議院選挙では、野党は「もう、勝ち目がない」と感じてきたためか、

ウソの宣伝が始まっています。

一昨日、共産党の宣伝カーから流れる内容を聞いて唖然としました。

「他国が攻めてきてもいないのに、自分から他国へ戦争をしかけていく自公政権に反対しましょう」と。

デマゴーグという言葉がありますが、

まさに、これが“デマ”であります。

まったく180度、真逆なことを宣伝する。恐ろしいことです。

次に「維新の党」の街頭演説、

「消費税の増税分は社会保障費にまったく使われていない」と大騒ぎしていますが、

これも、勝ち目がないと見た“ウソの宣伝”を流す戦法です。

すでに消費税は5%から8%に上がりました。この上がった3%分が何に使われているか、

増収分として5兆1000億円の増収が見込まれますが、

半分以上の2兆9500億円は年金の国庫負担分です。

続いて、1兆4500億円は、

高齢者増にともない、赤字となってふくらみつづけている社会保障費の自然増の部分、

いわゆる“将来へのツケ”を防ぐための補い。

そして、約3000億円が子育て支援に。

約2000億円は医療・介護。

難病への支援にも300億円が回っています。

そして、低所得者への簡素な給付措置にも充てられています。

しかし、子育て分野にも、医療・介護の分野にも、これだけの支援ではまだまだ足りません。

そのために、消費税率10%が「2017年4月」に決まり、

その時にあわせて、公明党が「軽減税率」の導入スタートを訴えているのです。

公明党が勝てば、この軽減税率を実現させることができます。

 

コメントは受付けていません。