Twitter
Twitter
ブログバックナンバー
サイト管理者
公明党○○支部 平野充
hirano-m@jc.ejnet.ne.jp

東日本大震災復興応援イベント

平成26年11月23日(日)晴れ

調布駅前広場にて復興支援の大きなイベントが行われました。

P1210381

夜にはNHKニュースでも報じられました。

このイベントは調布青年会議所の方々などが中心となり、

有志でプロジェクトチームを立ち上げられ、長期間にわたって検討・準備されてきたものです。

P1210375

調布駅前広場は所狭しと大勢の方々で賑わいました。

福島県や宮城県、岩手県と、東北各地の物産販売のテントが並びました。

イベント用のトラックを使い、ステージも用意されていました。

中でも大盛況だったのは気仙沼の「焼きサンマ」でした。

P1210372

限定500人、炭火焼でのおいしい気仙沼のサンマが“無料”食べれる。

長蛇の列となりました。

復興支援ですから、このサンマを一括購入したうえで、無料で召し上がっていただくというものです。

一括購入してくださったのは調布青年会議所や調布市役所の部課長会(ポケットマネー)でした。

日頃、市民から“冷たい”とお叱りをうけることもある市役所職員ですが、

こういう目に見えない暖かいところもあるのですね。。。

さて、本日のイベントで、私が一番心に感じたこと。

それは、

「たづくりでの催し」を見ずして「広場でのイベント」の意味は分からないであろうということ。

P1210382

たづくり2階のギャラリーでは「石巻と調布 希望のつながり」とのタイトルで展示がありました。

何と、中に入ると、それは平成23年3月11日の午後3時ごろでした。

震災の時刻は午後2時46分18秒でしたので、その約15分後ということになります。

P1210384

震災直後のラジオで流れた報道内容がそのまま記録された

午後3時ころの“リアルタイム”の録音

パネルの展示を見ながら、一気に時間が3年8か月逆戻りしました。

午後3時というのは「大津波が来る前」の録音です。

P1210387

手書きでの石巻日日新聞

ここには、「寒さ」や「飢え」をしのぎ、みんなで生きながらえるために

“無料で食べ物を提供するよ”との内容が掲載されていました。

本日の駅前広場の「無料の焼きサンマ」も、ここにこそ、その意義があるものだと感じました。

単に石巻のサンマを調布で食べてもらうイベントに終わらせてはならない。

東北の方々の「心」を感じ、

タダで提供されるサンマの中には、深い意味があることを知ることが大事だと思った。

本日、私は、そのことを強く強く感じました。

P1210379

今日の復興応援イベントは、実行委員会をはじめ、

ご協力くださった多くの方々の支えがあったればこそのものです。

心より感謝いたしました。

また、ここには書かれていませんが、

調布5中の生徒さん(たづくりでは7中の生徒さん)が

一生懸命ボランティアで活躍してくださっていました。

本当にありがとう。

コメントは受付けていません。