Twitter
Twitter
ブログバックナンバー
サイト管理者
公明党○○支部 平野充
hirano-m@jc.ejnet.ne.jp

第4回ふじみ衛生組合議会

11月14日(木) 平成25年 第4回ふじみ衛生組合議会 定例会が行われました。

富士山も綺麗に見える季節になってきました。(望遠で撮影)

ふじみ衛生組合(クリーンセンターふじみ)には再生エネルギーの利用もあちらこちらで見かけます。

「クリーンセンターふじみ」はごみの燃焼を利用して発電ができます。

これまで東電への売電(1キロワット13円53銭)だったところを

11月1日より、オリックスへの売電(1キロワット18円84銭)に変更したことにより、

余熱分の売電だけで、年間1億円以上の収入が見込まれます。

 

さて、本日の議会は「平成24年度ふじみ衛生組合歳入歳出決算の認定について」

◎歳入決算総額   57億6500万円余

◎歳出決算総額   55億7900万円余

◎歳入歳出差引残額 1億8600万円余

 

構成比としては、

 

【歳入】分担金及び負担金50.7%、国庫支出金27.4%、財産収入1.8%

繰越金2.6%、諸収入2.0%、組合債15.5%

 

【歳出】   議会費0.1%、総務費1.2%、事業費98.3%、公債費0.4%

 

質疑の後、「認定」いたしました。

 

議場にはごみ処理場の技術提供をするミャンマーから賜った額が飾られていました。

刺繍ではなく、細かな宝石でつくられたものです。

これらは、「東京都」と「ミャンマー(ヤンゴン市)」との間での国際協力事業によるつながりです。

東京を代表するごみ処理場に「クリーンセンターふじみ」が選ばれ、

先月の10月1日にミャンマーのヤンゴン市が「ふじみ」に研修に来られていました。

その御礼の品とのことでした。

ふじみ議場前の廊下には様々な展示物が掲示されはじめました。

こちらは1階フロアーに展示されています。

2リットルサイズのペットボトル11本で作業着(3点)ができるって凄いですね。

私は昔から何故か作業着が大好きです。

自宅では大好きな作業ズボンをはいています。

11月23日の勤労感謝の日に、初めてとなる「第1回ふじみまつり」が開催されます。

ふじみ衛生組合と地元協議会(住民)とが共同してお祭りを開催します。

地元協議会(住民)の方々のご理解、ご協力に心より感謝申し上げます。

コメントは受付けていません。