Twitter
Twitter
ブログバックナンバー
サイト管理者
公明党○○支部 平野充
hirano-m@jc.ejnet.ne.jp

調布市待機児童の課題

4月23日(火)

今日は、調布市東部地域(入間町方面)で若いお母さん方のお声を

聞かせていただく「タウンミーティング」に出向きました。

写真は入間公園。緑がとても綺麗でした。

日頃より市政に対し思っていらっしゃることを率直に聞かせていただきました。

一番多かったのは、やはり子育てに関してでした。

なかでも、保育園問題は深刻です。

調布市は25年度、新たに5つの認可保育園を開設します。

この数は他市と比べ、すごい力の入れようです。

しかしながら、昨年度よりも待機児童数が増えるのでは・・・との気配を感じています。

私も議会で保育園待機児童問題を取り上げ、具体案も示しながら私なりに動いておりますが、

一朝一夕にはいきません。

このたび、東部地域には今年度2つのグループ型保育ママ施設が開設されます。

認可保育園は所得により保育料が決まり、一番安いとされます。

しかし、なかなか入園できないのが現実です。

そこで、東京都は認証保育園を推進し、調布市でも昨年度までに16園できていますが、

保育料は月に7万円~8万円もかかってしまう実情があります。

そのような中、近年、公明党が新たに推進してきたのが、いわゆる「保育ママ」施設(制度)。

家庭福祉員のことです。

調布市の保育ママ施設は保育料が一律4万円(基本)となっています。

25年度、東部地域に開設される2つの“グループ型保育ママ施設”の一つが

第八中学校のテニスコート横に新設された 「ちいはぐ仙川」

新築でとても綺麗な建物です。

4月よりスタートしていますが、定員は4月23日現在、「満」となっています。

実は5月から開設される、もう一つのグループ型保育ママ施設「ちいはぐ若葉」があります。

調布市若葉町1-19-1 クローバーテラス1階 (写真手前右側のビル1階)

こちらが玄関です。

「ちいはぐ」とは“地域で育む”の略です。

先ほどの「ちいはぐ仙川」も、この「ちいはぐ若葉」もとても感じのいい施設長さん、また家庭福祉員さんです。

実は、4月23日現在、こちらの「ちいはぐ若葉」は、まだ空きがありました。

そして、この「ちいはぐ若葉」の20メートル横には、保育ママの「とことこ」があります。

この、「とことこ」の家庭福祉員さんも、とても感じのいい方です。

実はこの「とことこ」も空きが1人あります。(4月23日現在)

この“保育ママ”施設は直接交渉ですので、お電話して問い合わせることになります。

ちいはぐ若葉→03-5860-2548

とことこ→03-6321-4658

※この「とことこ」の真ん前には有料パーキングもあります。

栄太郎の工場前(旧キューピー工場横)から、桐朋学園に向かう道沿いにレンタカー屋さんのある近くです。

今後も、待機児童問題には力を入れて頑張ってまいります。

コメントは受付けていません。