Twitter
Twitter
ブログバックナンバー
サイト管理者
公明党○○支部 平野充
hirano-m@jc.ejnet.ne.jp

昭和を感じるレトロなお店

調布の「京王多摩川駅」前の線路沿いにある「玉川」

駅を出て、線路(高架)沿いを多摩川方面へ100mほど歩いたところです。

実はこのお店、テレビのコマーシャルに出てきます。

毎週日曜日の午後5時25分からの「世界が愛した絵本」のCMで紹介されます。

(テレビ朝日)

CM内容は、昭和の時代の、なんともいえないあたたかさがあります。「仲睦まじい恋人同士」が

この「玉川」で食事をしながら、一つまた一つと、恋愛が深まっていくという設定。

CMでは奥の二人掛けのテーブルに、その恋人同士が座ります。

また、その二人を陰ながら応援しているお店の方も、何ともいえない

“ぬくもり” を感じさせてくれるとても感動的なCMです。

※コマーシャルでは短縮されているので、いまいちストーリーが分かりにくいところがありますが

フルバージョンは、本当に感動します。

お店の中の全体像

椅子もテーブルも“昭和”。 窓枠も木彫。

ビールの冷蔵庫は懐かしのコカコーラ。

今日は、私、午後にこのお店でかつ丼を食べました。

ボリュームあるかつ丼にお味噌汁、お新香がついて750円。

おいしかったです。

「玉川」のおかみさんは、穏やかで、とても優しい、いい人。

ただ、お客さんがちょっぴり少ないので心配。。。

いつまでもこのお店が続きますように。。。

 

さて、「世界が愛した絵本」の番組はとても感動します。

番組のホームページには以下のように紹介されています。

(以下抜粋)

おもいやり、愛や出会い、別れ、時にはユーモアや生き方など、

絵本には大切なものがたくさん詰まっています。

小さな子供たちに絵本を読み聞かせることは、

心の発育にとても大きな効果があるといいます。

「世界が愛した絵本」は「絵本の読み聞かせ」をテーマにした番組です。

世界的に著名な作品から新進気鋭作家の作品まで無数にある絵本の中から

「これは」という作品をセレクトし、番組独自の読み聞かせと音楽効果によって

その絵本の世界をさらに広げ、新しい形で絵本を楽しんでいただく番組です。

今日、4月7日(日)の放送は

きたむらさとし作の「おんちのイゴール」です。。。

 

コメントは受付けていません。