Twitter
Twitter
ブログバックナンバー
サイト管理者
公明党○○支部 平野充
hirano-m@jc.ejnet.ne.jp

平成25年調布市成人式

平成25年1月14日(祝・月) 大雪

昨日から今日にかけ、日本列島の中心部を低気圧が急激に発達し通り抜けていきました。

そのために思ってもみなかった大雪となり、調布でも10センチくらい積もってしまいました。

午後には強風が吹き荒れ、大変な「成人の日」となりました。

午後、自宅を出ました。

ここまで降るとは・・・と、

人生一度の成人式に向かっている人たちのことを考え心配になりました。

昭和24年度生まれの方が成人式を迎えた昭和45年。

昭和48年度に生まれた方が成人式を迎えた平成6年。

これまで、成人者数の大きな山が2回ありましたが、

3回目の山が見えてこないことは大きな心配事であり、課題です。

自公政権となり、景気・経済の回復が期待されるところですが、

あわせて、少子化対策にも力を入れなければならないと感じています。

また、若者の就労が大変厳しい時代となっており、申し訳なさを感じております。

公明党は政党の中で最も青年局が充実し、若者の就労支援にも力を入れているとはいえ、

更に更に充実させていかねばならないと決意します。

グリーンホールに到着後、調布市立の各中学校のブースが設置されているコーナーへ行きました。

お世話になった「調布中学校」

教員の先生、当時の生徒さん、懐かしいお姿をたくさん見かけました。

みんな、元気で、楽しく、懐かしく、嬉しくなりました。

式典が始まりました。

木島平の太鼓は、今年も若々しいメンバーが力強く演奏してくださいました。

演奏もずば抜けて上手なことは存じておりますが、

何より、“人間”が気持ちいい!最優秀です!

本日の演奏、最年少は小学2年生の子でした。

演奏後に「ありがとうございました!」とお辞儀をされた場面には

あまりにもの爽やかさに感動し、目頭がグッと熱くなりました。

新成人を代表しての「抱負」も素晴らしかったです。(女性)

「ユニバーサルデザインでの街の開発」 を述べられ、

私が先月、議会で質問したことの内容と重なっていたことに嬉しさを感じました。

ホール後方で立ち見の成人者がいらっしゃったので、式典終了後は

アトラクションの見学は遠慮し、会場を後にしました。

タコ公園の中を吹雪に押されながら進む振袖姿の成人者が気になりました。

せめて大雪が「良き思い出」となりますように・・・との思いで。。。

総合福祉センター横の通りで、電線が下に垂れ下がり、ミニバスが進めない状況を発見。

市の道路管理課の職員が電線を持ち上げて対処されていました。

外回りは道路管理課をはじめとする部隊が、

場内は教育部を中心に市職員が懸命に成人式を支えてくださっていました。

感謝申し上げます。

コメントは受付けていません。