Twitter
Twitter
ブログバックナンバー
サイト管理者
公明党○○支部 平野充
hirano-m@jc.ejnet.ne.jp

調布市民文化祭

10月18日(木)

本日は「調布飛行場等対策特別委員会」や市民相談等の後、夕方6時より

調布市文化会館たづくり・くすのきホールにて第57回「調布市民文化祭」が開幕。

開会式式典とアトラクションが行われました。

開会式後、オープニングのアトラクションは「池谷瑞季」さんのポジチィフオルガンの演奏。

池谷さんは幼少のころより調布で育った地元出身者。

今日は東京藝大の音楽家の方たちが共に出演してくさだいました。

私は小さい頃より母親から 「勉強しろ!」 と言われたことはありません。

しかし、

「どんなに忙しくても、季節ごとに道端で咲いている草木を見るくらいの心の余裕は持て!」

とは、何度も言われました。

だからでしょうか。式典の終了後も会場に残り、「若いこれからの芸術家」の方々の演奏を

ゆっくり鑑賞させていただき、“心の栄養”をいただきました。

中でも、

1st.バイオリン の柏木かさねさんがメロディーを奏でた「川の流れのように」が

すごく印象にのこりました。実に美しい音色でした。

ポジティフオルガンとバイオリンは合いますね。

私も2年前に、100名ほどのご高齢者の集まりで「川の流れのように」をトランペットで演奏しました。

大変よろこんでいただけたことを懐かしく思い出していました。

音楽って、やっぱりいいなあ。

さて、今日から11月18日までの1ヶ月間、調布市民文化祭が開催されます。

すっかり過ごしやすくなった大好きな “秋”

文化・芸術の “秋”。そして充実の “秋”

皆さまと共に、また私も、一歩成長できた秋となれるよう頑張ってまいります。

コメントは受付けていません。