Twitter
Twitter
ブログバックナンバー
サイト管理者
公明党○○支部 平野充
hirano-m@jc.ejnet.ne.jp

調布市成人式

1月9日(祝・月)午後2時より、調布市グリーンホールにて成人式がおこなわれました。

成人式に先立って、午前中は「成人の日」を祝福する街頭演説をさせていただきました。

未来にはばたく青年のため

今は特に若者雇用を強力に推進する公明党

どこの党よりも公明党青年局は真剣です。

お昼過ぎ、駅前公園に到着。

グリーンホール小ホールでは調布中学校の卒業生に、

また、公園のテントのところでは第六中学校の卒業生に再会できました。

みな、成長していました。大人の仲間入り。おめでとう!

そういえば、11年前の2001年成人式で私は「いじめストップ」の運動を起こした。

子どもの世界で起きていても、それは大人社会の縮図に過ぎない。

運動は、大人になる成人者への呼びかけから始めた。

後に調布市は「いじめや虐待のないまち宣言」を行った。

さあ、いよいよ2時、成人式が始まります。

1部の式典は木島平村からの友情出演「木島太鼓」から始まった。

日本一の実力を誇る、小学生から高校生までで編成されているチーム。 

式典開始直後、ざわざわしていた場内が「木島太鼓」で張りつめた空気に一変。

魅了された。

彼女たち(木島平村の和太鼓チーム)の真剣さに。 躍動を伝播させる上手さに。

太鼓打ちは二拍三連が多く使われる

それは、リズムのドライブ感を楽しむ手法である

まだ体も小さな小学生も見うけられた

徐々にテンポがアップしていくとき、強打しているために僅かに微妙な遅れが出てしまうのが常である。

ところが、どうだろう

彼女たちは、むしろ更に絶妙な走りとクレシェンドで“興奮”にもっていく実力があった。

さすがであった。

実に見事な演奏でした。

2部では、白百合女子大学チアリーディング部が演技を披露

私は、なぜかこのチアリーディングの演技が大好きである

激しく競い合う大学生の大会の模様がテレビでも放映されることがあるが

すごく感動する。上手に決まると涙が出てきてしまうほどに。

今日の白百合女子大学の演技もすごく感動した。

最後に桐朋学園芸術短期大学の方たちのダンスが披露された。

すごく綺麗だった

一人一人の表情も大変美しかった。

なんだか自分が成人者として楽しませていただいたような感じで申し訳ございません。

実は私は成人式に参加するのは生まれて初めてでした。

自分の成人式のときは、とても成人式に行こうという気持ちにはなれませんでした。

連日、地下鉄工事の仕事で夜中じゅう働いていたのもありましたが

普通に過ごしている同年代の人たちから別世界に取り残されたような気持ちに

なってしまっていたような気がします。

家庭的にも複雑な環境であったこともありました。

よく、現在の自分を後悔して「できるものなら昔に戻りたい」という方がいますが

私はそうは思いません。「昔には戻りたくない」というのが本音です。

(しんどかったことしか思い出せないからかもしれませんが、全部乗り越えてきました)

なので、常に今日から明日へ向けて新しい気持ちで出発すればいいと思っています。

本日、成人式を迎えられたみなさん、今日は本当におめでとうございます。

私から一つ言えることは

「20歳の皆さんにはまだまだ無限の可能性がある」ということです。

まずは、自分を大事にしてください。

毎日が楽しく過ごせている方も、あるいは、そうでない方も

ゆっくりと思索する時間も持ってください。

人生はあせることはありませんが

できれば、よき友を持てればいいですね。前途の幸せをお祈りします。

コメントは受付けていません。