Twitter
Twitter
ブログバックナンバー
サイト管理者
公明党○○支部 平野充
hirano-m@jc.ejnet.ne.jp

角川大映スタジオに感動

映画のまち「調布」

私の自宅から歩いて2分のところに角川大映スタジオがあります。

いつも前を通るたびに「大魔神」や「ガメラ」などが気になっていました。

このたび、日本最大級の「ステージG」が稼働し、

新しく生まれ変わった「角川大映スタジオ」の内覧会に参加させていただきました。

日本国内のスタジオで、この広さにあわせて、この“天井の高さ”は日本一。

先ずはこのステージGから案内していただきました。

舞台正面には映画「源氏物語 千年の謎」で実際に着たとされる「紫式部」と「源氏の君」の衣装が展示。

各階に各種スタジオがあります。

ここは映画に声などを吹き込んでいく音響スタジオ

この部屋は凄かったです。

映画館と同じ環境に設定されている「ダビングステージ」

JBLの4ウェイスピーカー(高さ2.7m)が設置されています。

数々の音が重なり迫力が増していきます。実際の音も聴かせていただきました。

凄い!!

ここは実際の効果音をつくる部屋。

扉やシャワー、砂利など様々用意されていました。

試写室で「源氏物語 千年の謎」のコマーシャルを視させていただきました。

鮮やかな映像と凄い音の迫力でした。

↑この木製の棒は何でしょうか?と、質問しました。

柱状拡散体。音響効果を出すための設備。1本1本微妙に太さが違うようです。

5トンまで道具や機材などを乗せれるエレベーター

一人100㎏?の体重の人なら50人乗れる計算。

最後に大魔神と記念撮影させていただきました。

昔から、よく「映画のまち調布」と言われていますが。。。

こんな素晴らしい角川大映スタジオまであり、もっとアピールしたいとつくづく感じました。

コメントは受付けていません。