Twitter
Twitter
ブログバックナンバー
サイト管理者
公明党○○支部 平野充
hirano-m@jc.ejnet.ne.jp

木島平村に感動

調布の姉妹都市である長野県木島平村。

10月8日(土)調布グリーンホールにて「木島平い~なか交流フェスタin調布」が行われた。

全国レベルの「木島太鼓」そして「農民芸術ふう太の杜」による朗読劇など、感動の連続。

木島平村のエネルギーを全身で感じることのできる感激のイベントでした。

東京国際和太鼓コンテストで03年・06年・そして昨年2010年と、最優秀賞に輝く全国トップの実力!

小学生から高校生までの18名のメンバーが

成人チームのいる「一般の部」で3度も全国最優秀賞を受賞。

これは凄い!名実ともに素晴らしい演奏でした。

続いて、常田富士男・「農民芸術ふう太の杜」による朗読劇

木島平村出身の常田富士男さんは 『まんが日本昔話』 の語り部として有名な方。

小学生時代から「まんが日本昔話」が大好きだった私は、えらい感激しました。

放送は毎週土曜日の夜7時。最高にリラックスできる楽しみの時間でした。。。

<朗読劇> 樽川(たるがわ)、米八千石(こめはっせんごく)~長坂織部の江戸日記より~

物語は木島平の本当の歴史

米作りに必要な水を確保するための闘争があった。

木島平の水を守ったのが中心人物の長坂織部。

元禄8年から4年間にわたる戦いを描いたものでした。

庶民の団結で自ら勝ち取った村「木島平」。大変感動しました。

まさに迫真の演技!  実に見事でした!

どの場面でも、まさに江戸元禄時代に引き込まれていくような臨場感あふれる舞台に感動。

中央が長坂織部。木島平村に語り継がれるヒーローといえるでしょう。

深大寺用水のために資産をなげうって尽力された調布のヒーロー富沢松之助さんを思い出しました。

 

コメントは受付けていません。