カテゴリー(3.マイノリティ(発達しょう害、LGBT、依存症、更生)理解)

本日(4月1日)千葉市犯罪被害者等支援条例が施行
先日の議会では、犯罪被害者等支援条例案に基づき、既に策定されている県の計画に規定されている市町村の役割を踏まえ、より広い要件での見舞金の支給、日常生活の支援、総合的対応窓口への男女専門相談員の配置、これらを犯罪被害者等支援事業として、新たに令和6年度予算に盛り込まれ、市独自の条例とともに可決されました。
先日も公明党千葉市議会議員団で公益社団法人千葉 犯罪被害者支援センターを視察しましたが、県内で初めて性犯罪の被害者を見舞金の対象に含めたり、被害者にとって申請手続きが負担にならないように受領委任を検討したりするなど、このような積極的な取り組みが関係者から注目されています。
なお、支援の主な内容は以下のとおりです。
(1)見舞金の支給
・死亡 30万円
・重傷病
①1カ月以上の療養かつ3日以上の入院 10万円
②1カ月以上の療養 5万円
・性犯罪
①不同意性交等罪 10万円
②不同意わいせつ罪 5万円
(2)日常生活支援
犯罪被害に遭って日常生活に支障が出ている被害者等に対する、ヘルパー派遣と配食サービス、保育サービスの日常生活支援
ヘルパー派遣 4,000 円/時間
配食サービス 1,000円/回
保育サービス 1,650 円/時間
(3)転居費用の助成
犯罪被害に遭った被害者等に対する転居費用の助成 20万円

(4)市における犯罪被害者等への支援に関する総合相談窓口
電話 043-245-5639 平日8時30分~17時30分

【追記】
また、2019年に千葉県弁護士会館で行われた犯罪被害者支援条例ワークショップに参加した際の様子を、以下のブログに残しています。
https://www.komei.or.jp/km/chibacity-sakurai-hideo/2019/02/02/%e7%8a%af%e7%bd%aa%e8%a2%ab%e5%ae%b3%e8%80%85%e6%94%af%e6%8f%b4%e6%9d%a1%e4%be%8b%e3%83%af%e3%83%bc%e3%82%af%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%97/
・実は県警から参加された方が「条例なんか作ってどうする」という趣旨の発言をして、私は腸が煮えくり返ってました。
でも、今読み返すとそんな感情を億尾にも出さず、冷静な論を残していますね。
・先日の新聞報道にありましたが、支援条例の制定が、地方自治体に今一つ広がり切れていない状況があるようです。その要因の一つには、当時ブログで指摘したとおり、一義的には県警が犯罪被害者を所管していますが、基礎自治体における県警のカウンターパートは「地域安全」を所管する部署(千葉市では「地域安全課」)で、そこでは主に「防犯」を所管しています(例:防犯カメラの設置事業)。しかし、犯罪被害者等に必要なのは「福祉的支援」なので、行政組織としては非常に嚙み合わせが悪い。
そこで、平成28年にこの問題を取り上げた際に、「まずは庁内横断的な会議を設けて、課題の共有を」と訴えました。専門家からすると、手ぬるい印象だったようですが、特異な首長が推進するのではなく、地方自治体が組織としてこのテーマを推進するには、地道ですが、必要な一歩だと、今でも思います。

その意味においても、地域安全課の尽力に感謝と敬意です。

 

#犯罪被害者 #犯罪被害者等支援 #犯罪被害者等支援条例

弾丸移動の3箇所目は、ヘアーサロンニッタさん。
昨年、39年続けてこられた少年院での理髪ボランティアを終えて、表彰を受けられた様子が、NHK等で報じられました。
ひとこと御礼をと思い、5年ぶりに店をのぞくと、「あれっ?桜井さん」と。
覚えていて頂き、本当にありがたいですね。
4施設を掛け持ってくださった御功労。
99歳になったお婆ちゃんも頭脳明晰でお元気とのこと。
3代に渡るご尽力にただただ感謝です。

仙台弾丸移動の移動先2ヶ所目は、若林区古城にある東北少年院と青葉女子学園へ。
各種研修や本省勤務を共にした同期・同僚だった方々に、貴重なお時間を頂き、ご挨拶と意見交換。
昨年は少年院創立100周年を迎え、来年は刑務所に拘禁刑が導入されます。社会にとっての「最後の砦」はどこに向かうのか、考える機会となりました。

「せせらぎ清し広瀬川
昼夜を止めぬ流れこそ
われら健司の姿なり」(健児の賦)

本議会では一般質問を行いました。
通告事項は、
・平和啓発について
・発達障害児・者支援について
・地域防犯活動について
です。
例えば、
「千葉空襲に関して市が保有している資料が極めて少ない(10点前後)ため、明年の終戦80年に向けて、千葉空襲の戦災資料の提供を市から市民に呼び掛けてはどうか」
➡SNSも含めあらゆる機会に呼びかける

 
「来年度から新規に始める発達障害に関する啓発事業において、当事者の声を踏まえた取り組みをすべき」
➡啓発チラシに当事者の声を載せるなど検討する

 

 

「地域防犯活動に客観的データを活用して、効果的な地域防犯体制の整備を」
➨地域犯罪認知件数とや市費によって設置した防犯カメラの設置箇所の位置情報をGIS(地理情報システム)に表示し、地域防犯活動と連携する
などの質疑をしました。

 
ご協力いただいた関係者の皆様に感謝申し上げます。

 

 
当日の質疑の様子は以下の動画で確認できます↓
https://chiba-city.stream.jfit.co.jp/?tpl=play_vod&inquiry_id=3367

 

 
#デジタル平和資料館 #平和啓発 #発達障害 #防犯

先週の学びはまだ終わらず、です。
NPO法人全国薬物依存症者家族会連合会(通称・やっかれん)発行の漫画本「もしあなたの大切な人が薬物を使ったら・・・その後」
そして保護司へのオンライン講演会、千葉大学社会精神保健教育研究センターの東本愛香先生による「性犯罪事犯者との面接、どうしていますか?ー性犯罪事犯の理解と面接の意味ー」
自分自身をアップデートです。

先週は学びの機会の連続。
千葉での研究会が続き、著名な方々と交流をさせて頂きました。
その中でも。川名壮志さんとの再会は感慨深いものがありました。
(以前、被害・加害の双方に向き合った著書「謝るなら、いつでもおいで」(新潮社)を本ブログでも紹介させて頂きました。)
川名さんが1年半前に出された「記者がひもとく「少年」事件史―少年がナイフを握るたび大人たちは理由を探す」(岩波新書)は、私にとって最も感銘を受けた1冊で、著者本人に感動を伝えたいと思っていました。
重大事件の犯人が少年だと分かるたびに、社会と個人の責任、報道における実名・匿名、加害・被害の間で、社会は揺れ動いてきました。
少年事件に関する著作は、事件ルポだったり、少年法への評価だったり、時には特定機関を宣伝するための更生ストーリーだったりする印象を強く持っています。
本著はそれらとは一線を画し、日本社会における少年の表象(representation)の歴史を客観的に描き出しています。
つまり、社会が少年をどのようにとらえ、少年像を共有したきたか。
少年に関する言説が少年像を形成し、少年像に基づいて新たな言説が生じてきた歴史です。
当方のように多少なりとも実務現場でお世話になると、シンプルな厳罰主義やシンプルな保護主義に組みできない気持ちになります。
それらはいずれも、大人にとって都合のよいストーリーで、実はいずれも「少年不在」に感じるからです。本書の副題にあるように、大人は常に「理由を探す」のです。
さて、私は少年に関するどのような言葉を紡ぐのか、いまだに問いかけます。
#川名壮志 #記者がひもとく「少年」事件史 #少年事件 #非行
#少年法

先週は学びの連続
千葉大学社会科学研究院法学研究部門主催(千葉大学法学会共催)後藤弘子教授の退職記念講演会「マージナルな人々と法ー女性と子どもと犯罪ー」を拝聴しました。
後藤先生は、矯正における代表的な有識者ですが、個人的には大学院で…、さらに千葉市政においては「子どもへの性暴力防止対策検討会」の座長、同委員会委員長として、全国的にも先進的な取り組みを展開して頂いており、大変お世話になっております。
後藤先生が高校生時代(!)に感銘を受けた著作から、退官にあたっての今後の抱負まで多岐に。(「退官」される先生が「やりたいこと」を(えっ、そんなに!と思うくらい)列挙されるバイタリティー自体が、後藤先生だなぁと圧倒されました)
自分自身の権力性への自覚、当事者・現場との対話、ジェンダー差別規範への意識、自己へのマージナルな意識(相対化)、原点に立ち返ることの重要性、対立構造を持ち込まない理論構築…などなど自分にとってあまりにも重要な内容でした。
大変ご苦労様でした。
今後もよろしくお願いします( ´艸`)
#後藤弘子

視察④さかいハッタツ友の会
発達障害当事者の会として、その道では全国的に有名な「さかいハッタツ友の会」。
活動が幅広すぎて表現しきれませんが、石橋さんは、自治体や自助グループからの依頼に応じて講演するだけでなく、全国に出向いて自助グループの活動を支えています。

 
今回は、X(旧Tw)のスペースに参加し、「自助グループの自助」の現場を目の当たりにし、そして、石橋代表と市内で対面。堺市役所前でツーショット。
堺市の田代ゆう子市議も参加していただき、現在と未来への忌憚のない意見交換。
この会は、自分が大きくなるための活動ではなく、全国各地で指向に合わせた小グループの設置、そしてその自助グループ運営者を支える活動も行っています。
そして、何と言っても、当事者でなければ言えない石橋さんの(時には当事者に対しても厳しい発言)発信が、発達障害支援の現在と未来のリアリティを感じさせてくれるのだと思います。
学びと反省と希望の機会でした。ありがとうございました。

 

※ ちなみに、石橋さんは泉北レモンを栽培されていて、近畿農政局賞も受賞されています。G20サミット晩餐会でも使われたとか。発達障害者の事業所になるかも…こちらも大きな夢が。

 
#さかいハッタツ友の会
#泉北レモン
#発達障害

視察③アプリコット堺(堺市発達障害者支援センター)視察

 
田代ゆう子・堺市議とアプリコット堺を視察。
一緒に記念撮影した所長さん、副主任さんには事前質問を中心に、長時間にわたって意見交換させて頂きました。

 

 

対象者の年齢や属性の制限、確定診断の有無の取り扱いについては、目からウロコでしたし、ワンストップセンターにこだわりすぎないメリットは、ワンストップ窓口を求める傾向にある議員としては自らを省みる機会にも。また、センターによる直接支援だけでなく、支援機関・支援者へのコンサルテーションを評価する仕組みも、行政や議会には必要だと改めて感じました。

 

発達障がいについては、周知されて期間も経ち、全国各地で様々な名称の機関が運営され、千葉市でも新たな取り組みが予定されています。
しかし、関連法が幅広くて緩い規定のせいか、自治体の取組を各機関の「名称」だけで比較すると見誤ることも多々あります。
当該自治体のどの機関がどのような機能を有しているかを、具体的に把握しないと、適切な比較すらままならないのが現状です。

 

事前質問を越えて、私の現在の政策課題についても率直にご意見を賜りました。本当にありがとうございました。
必ずや活かして参ります。

 
#発達障害者支援センター #アプリコット堺 #千葉市

千葉市保護司会連絡協議会主催の令和6年新春懇親会
4年ぶりの開催です。

 
被災地在住の保護司の安否についても報告があり、私の脳裏にも、東日本大震災の折の少年院出院や観護措置期間満了の手続きの記憶が蘇ってきました。

 
近年は、新型コロナの緊急事態宣言下でも、あの手この手で保護観察経過報告書を作成したことや、対象者がコロナに罹患したことなども思い出しました。

 
何が起きるか分からない時代ですが、だからこそ同僚の皆様と力を合わせて為すべきことを為さねばと、稲毛地区会長、同僚保護司さんと記念にパシャリ

 
表情が硬いのは、すぐ後に控えていた臨時議会のため?( ´艸`)

 

#保護司会

ブログバックナンバー
Twitter
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
稲毛区 櫻井秀夫