Twitter
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
稲毛区 櫻井秀夫
hsakurai2016@yahoo.co.jp

Archive for the ‘3.マイノリティ(発達しょう害、LGBT、依存症、更生)理解’ Category

千葉市に公立夜間中学の設置が決定

千葉市で「公立夜間中学」が令和5年4月をめどに開校されるとのニュースです。
神谷市長が選挙公約で掲げていたもので、様々な事情で義務教育を十分に受けられなかった方に学びの機会を保障するものです。

 

この議案が可決された本日の教育委員会会議を傍聴しましたが、県内では市川市と松戸市で設置されていることから、それらを参考に、かなり具体的な「外枠」が提示されていました(公立なので当たり前ですが…)。

 

 

具体的には、美浜区にある真砂中学校の「併設型分校」という形態で、まさご夢スクール(旧真砂第二小学校校舎)4階に設置し、週20単位程度(1日4コマで週5日通学)の特別な教育課程編成を案として、進められています。

 

 

先ほど「外枠」とお伝えしたように、教育課程等の「中身」はこれから学習ニーズ調査等を経て決まりますが、中学校の卒業証書を修了者に授与する公立中学校としての中身(日本語教育も含めたカリキュラム、特殊性に対応できる教員の確保)の整備を、委員会の折にも求めて参りました。

 

 

千葉市在住者だけでなく、近隣地域や県南部の方にとっても、新たな「学びの場」として期待されます。

ニュースは下記アドレスから入れます。

https://www3.nhk.or.jp/lnews/chiba/20210526/1080014576.html?fbclid=IwAR2m9ZAgMzOvJW7Ty9YE8uFkY9OMa2d4k7GtSUElT3r5iwNEnM6cxlFkxbI

「神谷しゅんいち」奇跡の3ショット?

千葉市長選挙でのやや番外編ですが…
先日、「神谷しゅんいち」さんと稲毛区内で街頭演説を行った折、お昼ご飯を食べに行った千葉大学正門そばの「ラーメン太陽」さんで、井内清満さんと偶然、遭遇。奇跡の3ショット?!

 
店名通り太陽のように学生を励まし続けて36年の御夫婦とも、「神谷しゅんいち」さんと記念撮影。

 
井内清満さんは、ちば南東部地域若者サポートステーションを運営するNPO法人・友懇塾の理事長。ひきこもりや非行の若者のもとに飛んで駆け付け、その親も支える、千葉の青少年育成にこの人あり、の名士です。
(「幕張ビーチ花火フェスタ」の花火コーディネーターとしてTVに出演したり…とにかく、多方面での御活躍です。)
私の前職の少年院・少年鑑別所での少年へのガチンコ指導でも、議員生活において初出馬の時からも、大変お世話になった方です。

 

 
「神谷しゅんいち」さんは、今回の千葉市長選挙で、子どもルーム待機児童ゼロを目指すことや、ICTを活用した授業の実現、学校のトイレ洋式化だけでなく、児童相談所の増設による2か所体制、公立夜間中学の設置、発達障がい児への相談・支援体制の強化、不登校児童生徒へのフリースクール支援など、誰も置き去りにしない教育・児童福祉政策を毎回、演説で訴えています。

 
こんな二人が気が合わないわけがないですね。
私がニヤニヤしていたのは、ここの名物「(勝浦式)タンタンメン」が、いつもどおり美味しかっただけでなく、会うべき人同士が会ったからです。
これからの千葉市政が一層楽しみです。

みんなの制服

議会の間近になって、前回議会の宿題を慌てて報告です。(まるで8月31日の小学生です。)

 
前振りですが、ジェンダーレス制服に関する記事が多くなってきました。
一例は写真のこちらhttps://dime.jp/genre/978329/

 
学校に関する話題が続きますが、前回の議会では、「だれもが着用できるスラックス」、「みんなの制服」の市立中学校での推進について、質問しました。
誰もが着用できるスラックスというと分かりにくいのですが、最近では女子用スラックスなどが代表的に普及しています。

 

 
(ただ、女子用スラックスというと、制服問題で悩んでおられるLGBTの方を置き去りにしていますし、記事のようなジェンダーレス制服というと、みんなの制服=ジェンダー問題というような見方になってしまい、「イコール」ではないのに…と思ってしまいます。
制服においてジェンダーの視点は、問題の入り口として重要とは思いますが、発達障がいの方に多い生地に対する知覚過敏やイスラム教などの宗教的な理由など、多様な視点が必要です。)

 
答弁では、誰もが着用できるスラックスを整備したり、選択制を導入したり、検討したりしている市立中学校は市内55校中、昨年度7校だったのに対し、今年度は14校に倍増しているとのことです。
確実に現場は進んできています。

 
全国の都道府県立「高校」において、このような制服の選択肢を設ける学校が600校を超え、千葉県も全国で3番目に多い73校が選択肢を設けていますが、議会質問で求めたような公立中学校では、まだレアな状況です。

 

 
そして、この質疑で、千葉市としての制服のあり方についての基本的な考え方を初めて引き出しました。それは…
①生徒の意見を尊重し、関係者と調整し、学校が判断する
②多様な選択肢があることが望ましいことから、誰もが着用できるスラックスの導入を推進する

 

 
前職で法務省の矯正局に勤務した際に、少年院や少年鑑別所で勤務する法務教官の制服の改訂に携わった経験がありますが、
制服は意外に論争的になりやすいテーマではあるものの、当事者の意見をしっかり聴取して、当事者同士で決めることが大切で、
「何のための制服か、だれのための制服か」
を共有できれば、自ずと方向性は見えてくると思います。

児童虐待防止推進月間の11月も終わり

(11月が終わり…早すぎる…)
千葉市議会で当方がこれまで質問してきた児童虐待対策について、このホームページに付け足したりしています。
第3回定例会で行った下記の質問についても、可能な限り書き残しました(要対協と子ども家庭総合支援拠点の関係については、まだ考えをまとめきれず、宿題です。)。
様々な関係者の方々からの要望・質問によって支えられている取組みですが、特に今回の質問では、野田市、市原市、船橋市などの近隣市の同期議員からの指摘・助言に助けられました(夏に行った勉強会です)。

 

 
虐待事案については、事後的に専門家が分析すると
「こんな基本的な対応が抜けていたから発生した」
というような事案が多いのですが、
事後的な専門的分析だけでなく、
その当時、その地域では、どのような雰囲気で行政が児童の問題に取り組んでいたかを、普段から行政のそばで活動している地方議員に聞くことにより、
「では、なぜ、このような基本的な対応ができなかったのか」
という面が浮かび上がってきて、本当に参考になりました。(それは他の自治体や他者への批判というより、自分を省みる機会にもなりました。)

 

 

数年前から「(虐待などしていないのに)自分の子どもを児相に連れていかれた」という相談も、本当に多くいただくようになりました。(この問題も、同期議員との夏のオンライン勉強会で、国会議員も交えて協議しました。)この苦悩に可能な限り寄り添いながら、制度的な課題も見極めたいと思っています。
このように問題は複雑・多様化していますが、防止推進月間が終わった後も、遅々とした歩みですが、取り組んでいく所存です。

 

 
ということで、これまでの主な質疑を掲載したページのアドレスです。
https://www.komei.or.jp/km/chibacity-sakurai-hideo/%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%95%e3%83%af%e3%83%bc%e3%82%af%e2%91%a0%e5%85%90%e7%ab%a5%e8%99%90%e5%be%85%e9%98%b2%e6%ad%a2/

児童虐待防止推進月間×議会質問①

今回の一般質問では、児童虐待防止対策に関する質問も(かなり)行いました。
長文にならなないように気を付けますが…

 
問1)千葉市におけるコロナ禍の休校期間中における要保護児童等の状況確認について

 
答)休校期間中に虐待リスクが高まる恐れがあることから、要対協のケース651名に対し、3月と4月に児相、各区保健福祉センター、保育所、小中学校等が原則目視で状況確認した。一時保護などの緊急性の高い児童はいなかったが、継続的な見守りが必要なケースには、見守り体制を維持し、働きかけを行っている。

 

 
評価)国(緊急事態宣言下での見守り強化アクションプラン)に先んじて、市独自に見守り体制を行ったこと、市内要対協関係機関が連携したこと、原則目視を打ち出して状況確認を行ったことは、高く評価されるべきと考えます。
このシリーズ長くなるので、どこまで投稿続けられるか不安ですが、11月は児童虐待防止推進月間ですので、自分なりに取り組みたいと思います。

 

その議会質問の録画です→
http://www.chiba-city.stream.jfit.co.jp/?tpl=play_vod&inquiry_id=2217

当事者・作者からの反応

先日お伝えした千葉市障害者作品展に出品されている方が、
このホームページの投稿を紹介してくれました。

 
当事者の方に「励みになる」と言われることが
私にとって、一番、励みになります。

 

 
ありがとうございました。

第26回千葉市障害者作品展

千葉市主催の障害者作品展が、千葉市文化センターの市民サロンで行われ、私もじっくり鑑賞させて頂きました。
編物、手工芸、書道、写真、絵画、陶芸、彫刻の分野に186点が出品。
躍動感みなぎる力作ぞろいです。

 
今年の作品展は10月9日(金)の正午で終了しますが、この催しは例年行われており、
千葉市在住で身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳のいずれかを所持し、その作品制作を職業としない方であれば、応募できます。
最近は団体からの出品・入賞だけでなく、個人での応募・入賞も目立っています。
出品してみたいという方は、一般社団法人身体障害者連合会(電話:043-209-3281)まで、詳細をお問い合わせください。

 

 
芸術・文化は、個人的にはシュールな作風も愉しいのですが、何よりも高尚でありがたい存在というより、このように全ての市民にとって身近なものであってほしいと思います。

地元虐待事件の判決後に想う

当時生後4カ月だった長男に虐待を加え、重傷を負わせたとして、傷害罪に問われた元県職員(24)の判決公判が昨日、千葉地裁で開かれ、懲役2年6月、保護観察付き執行猶予5年(求刑懲役2年6月)が言い渡されました。

 
先日は、3歳の女子が育児放棄の末、死亡したとして、大田区の母親(24)が保護責任者遺棄致死の疑いで逮捕されました。

 

 
何かをバッシングして留飲を下げる前に考えたいです。

 

 
…写真は、7月12日の公明新聞(関東版)4面の「サーチライト」という小さな記事です。
そこで、千葉にこの人ありのNPO法人・友懇塾の井内理事長が涙ながらに語った言葉が紹介されていました。
「互いの幸せのために、親子の血縁関係の解消をあえて勧めることもある」
その一方で、「縁を切っても切れないのが親子だ」とも。
この一見矛盾する実相が、虐待や非行の現場における親子のリアリティだと感じます。

 

 

 
緊急事態宣言の状況下で、井内理事長にじっくり話を聞いた公明新聞の若手記者が何を感じたのか。
またゆっくり聞いてみたいと思います。

第70回社会を明るくする運動

例年どおり7月が強化月間ですが、今年は非接触型の啓発活動。

 

 
更生保護への啓発が目的の活動ですが、自分にとっては、
コロナだから活動中止、ではなく
コロナなのに通常活動、でもなく
コロナだからこその新しい活動様式への挑戦でもあります。

 

 

これまでのように、人が集まる場所で、数多くのチラシを配るやり方ではなく
保護司が説明員として、感染症対策のもと一対一で対応するという方法を、区役所ロビーにて試行してみました。
(更生保護に関する質問よりも、区役所の手続きへの質問が倍以上ありました…区役所の職員に見えた…?)

 

サポートセンターでも、自前のパーテーションを設置して、保護観察の面接を実施しています。

スクールロイヤー公明新聞に掲載

本日の公明新聞6面に、本年から千葉市に導入されたスクールロイヤー制度が紹介されました。

 
これは、弁護士が学校現場に法的助言を行うもので、私はいじめ問題の解決に向けて、千葉市議会で一昨年初めて取り上げました。

学校弁護士とも呼ばれるため、ややもするとモンスターペアレント対策と同一視されやすいのですが、 昨年度の予算審査特別委員会では、日本弁護士連合会による文科相宛ての意見書を紹介し、あくまでも学校の適正運営を法的な視点から助言をしたり、研修を行なったりするもので、学校の代理人ではないこと、教育委員会を介さずに、学校現場から直接相談できることなどを求めました。

現在、再開したばかりの学校ですが、いじめ問題に限らず、直面する課題は多岐にわたることもあり、早速利用され、好評を博しているようです。

 
スクールカウンセラーやスクールソーシャルワーカーとともに、学校が一層、子供にとって安心して学べる場になるよう、専門家の活躍に期待しています。

 
学校弁護士を活用/相談事業や研修会を実施/千葉市 #公明新聞電子版 2020年07月04日付 https://www.komei.or.jp/newspaper-app/