ブログバックナンバー
Twitter
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
稲毛区 櫻井秀夫
hsakurai2016@yahoo.co.jp

ROAD TO ROCK IN JAPAN FES.CHIBA2022(最終公開オーディション)

全世代が燃えることができる千葉市に!
ROAD TO ROCK IN JAPAN FES.CHIBA2022(最終公開オーディション)が、青葉の森公園芸術文化ホールで行われました。
(場内の撮影・録音は厳禁なのでチラシで)

 

 
最終審査に残った8組が演奏し、その中から3組が、8月6日から千葉市蘇我スポーツ公園で行われるROCK IN JAPAN FES.2022のオープニングアクト(OA:昔の言い方で「前座」)として出演するチャンスをつかみました
国内最大級の音楽イベントである同フェスが、茨城県のひたち海浜公園から本年、千葉へ移転することになり話題になりました。

 

 
一般的にはビッグネームの出演が話題になり、議員的には、つい地元への経済効果に関心が行きますが、5月のJAPAN JAMと同様に、地元チバ愛のあるバンドがOAを務めることができるのが、千葉のフェスの大きな特徴です。

 

 
JAPAN JAMのOAオーディションの主催は千葉市で、こちらのオーディションは千葉県主催で、仕切る自治体は違いますが、人生とプライドを賭けてエントリーする若者には、そんな違いは関係ありません。
要は、関心があるかどうか、生のビートに燃えるかどうか(笑)
ということで、県主催だろうが、市主催だろうが、いずれのオーディションにもオジサン議員は出かけて聴きに行ってます。

 

 
オープニングアクトのチャンスを見事つかんだDrive Boyを始めとする3組の選ばれしバンドにも、残念ながら選ばれなかったMOCKENを始めとする5組のバンドにもリスペクトの拍手を送り、配信曲を購入しました。

 
スタイルに縛られない自由な文化の素晴らしさを感じつつ、唯一の縛りである、オーディションのエントリーには年齢制限(平均20歳台縛り)があることを恨みつつ、会場を後にしました。
Amazing!

 
#ROフェス
#チバフェス2022
#最終公開オーディション

コメントは受付けていません。