ブログバックナンバー
Twitter
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
稲毛区 櫻井秀夫
hsakurai2016@yahoo.co.jp

通学路の安全対策の強化を求める要望書

去る 6 月28 日に千葉県八街市で、下校途中の小学校児童5 人がトラック車両により死傷するという、大変痛ましい事故が発生しました。
そこで、本日7月5日(月)に公明党千葉市議会議員団として「通学路の安全対策の強化を求める要望書」を提出しました。

 
特記すべき内容としては、
・総点検はもとより、通学路の安全対策の検証を、保護者の声を聴いたり、防犯灯の設置個所も対象にするなど、総合的に行う
・歩道、ガードレール整備の推進だけでなく、まだ10%も達成していない通学路のカラー化計画を早急に前倒しする
・千葉市の基準通学距離である4キロを超える通学路を有している学区には、スクールバス導入の検討を開始する
・そして、何よりも3月の市長選・県知事選で訴えた県と市の連携をこの問題で発揮し、県警と道路管理者(市)が協働して、学校周辺における「スクールゾーン」および「ゾーン30」設置の徹底、移動式オービスを活用した速度規制強化などの対策や、飲酒運転撲滅に向けた啓発を実施する

 
…短期的な対策から中長期的な取り組みまで…この対策で「やりすぎ」ということはないと思っています。

コメントは受付けていません。