Twitter
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
稲毛区 櫻井秀夫
hsakurai2016@yahoo.co.jp

稲毛東で「神谷しゅんいち」圧巻の演説会

3月16日(火)の街頭演説会のひとコマ。
稲毛東公園に集まってくださったのは、稲毛東5丁目と同6丁目の住民の皆さま。

 
千葉市長選挙候補の「神谷しゅんいち」元千葉市副市長さんは、国で消防庁広域応援室長を務め、全国の災害対応の指揮を執った経験があります。

 

 
なぜこのような経歴を紹介したかというと、この地域は住宅が密集し、狭い道路が入り組んでおり、特に5丁目は千葉市で2か所のみが指定されている重点密集市街地だからです。
その地域性からか、地震から延焼火災への危機感や、消防車両が入ってこれないエリアへの初期消火活動など、非常に防災意識が高い地域で、平成30年8月に配布された感震ブレーカーも、自治会長を中心に地域で各戸設置に取り組み、95%以上の設置率を誇っています。

 

 
神谷候補の経験と、住民の生活に根差した防災意識で、これから一層、力を合わせてまちづくりをしていこうとの機運が高まった演説会となりました。

と言っても、政策云々以前に、横断幕でこのような歓迎を受けて、感激しない候補はいません。(「泣きそうです。」)

進行を務めた私が、前から見てザっと数えても50名以上の方が参加して聴いてくださり、さらにはその人だかりを見て、演説に惹きつけられるように、公園で遊んでいた20名前後のご家族が足を運んでくれました。

 

 

感染対策で声援なしの拍手だけの応援と、いつまでも続くグータッチと記念撮影の連続。住民の皆さまの温かい激励が染みました。
両自治会長さん、地域の皆様、本当にありがとうございました。

 

 

演説会の前には「必ず勝ってね、頑張って」だった激励が
終わった後には「私たちが勝たせるから、任せて」との言葉に変わっていました。

 

いよいよ残り2日です!

コメントは受付けていません。