ブログバックナンバー
Twitter
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
稲毛区 櫻井秀夫
hsakurai2016@yahoo.co.jp

児童虐待防止推進月間の11月も終わり

(11月が終わり…早すぎる…)
千葉市議会で当方がこれまで質問してきた児童虐待対策について、このホームページに付け足したりしています。
第3回定例会で行った下記の質問についても、可能な限り書き残しました(要対協と子ども家庭総合支援拠点の関係については、まだ考えをまとめきれず、宿題です。)。
様々な関係者の方々からの要望・質問によって支えられている取組みですが、特に今回の質問では、野田市、市原市、船橋市などの近隣市の同期議員からの指摘・助言に助けられました(夏に行った勉強会です)。

 

 
虐待事案については、事後的に専門家が分析すると
「こんな基本的な対応が抜けていたから発生した」
というような事案が多いのですが、
事後的な専門的分析だけでなく、
その当時、その地域では、どのような雰囲気で行政が児童の問題に取り組んでいたかを、普段から行政のそばで活動している地方議員に聞くことにより、
「では、なぜ、このような基本的な対応ができなかったのか」
という面が浮かび上がってきて、本当に参考になりました。(それは他の自治体や他者への批判というより、自分を省みる機会にもなりました。)

 

 

数年前から「(虐待などしていないのに)自分の子どもを児相に連れていかれた」という相談も、本当に多くいただくようになりました。(この問題も、同期議員との夏のオンライン勉強会で、国会議員も交えて協議しました。)この苦悩に可能な限り寄り添いながら、制度的な課題も見極めたいと思っています。
このように問題は複雑・多様化していますが、防止推進月間が終わった後も、遅々とした歩みですが、取り組んでいく所存です。

 

 
ということで、これまでの主な質疑を掲載したページのアドレスです。
https://www.komei.or.jp/km/chibacity-sakurai-hideo/%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%95%e3%83%af%e3%83%bc%e3%82%af%e2%91%a0%e5%85%90%e7%ab%a5%e8%99%90%e5%be%85%e9%98%b2%e6%ad%a2/

コメントは受付けていません。