Twitter
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
稲毛区 櫻井秀夫
hsakurai2016@yahoo.co.jp

第2波へ備えて①:都内勤務者の感染と「千葉都民」伝説

千葉市内の感染状況について、当方なりの見解を先日投稿しました。
随時行っているこの表題の投稿については、普段と一桁多いアクセスを頂いており、市民の皆様の関心の高さを肌身で感じるとともに、発する言葉の責任も感じます。
そこで、頂いたいくつかのご質問にお答えしたいと思います。

 

 
今回は、私が再三提起している
「東京都内で勤務している方の感染リスクが高い」
という発言に対する疑問です。
疑問①:本当に都内勤務者に感染者が多いのか
疑問②:都内勤務者の感染が多かったとしても、千葉から通勤している人自体(その割合)が多いので、その結果は当たり前ではないか、それをことさら言うのはいかがなものか
疑問③:①②の疑問が解決したとしても、それではどうしろと言うのか

 

 
疑問②については、特に「千葉都民」伝説について考える必要がありますが、まずは疑問①から。これは簡単。
5月21日現在、市内で感染が判明した105名のうち、都内勤務者は33名(31%)。さらに、都内飲食による感染が疑われる方や、都内勤務者である感染者の家族で感染した方を含めると、41名(39%)名になります。
後者は都内勤務者ではありませんが、問題は属性ではなく、感染経路なので、そこまで含めて考える必要があると思っています。
しかも、私が早々にこのような趣旨の主張をしたのは、感染者がまだ28名しかいない段階で、そのうち都内勤務者が15名もいて、都内飲食による感染が疑われる方が2名いました。6割超えです。
すさまじい数だと思いました。

 
しかし、ここからが疑問②です。
都内勤務者が市内在住者の6割を占めていたら、まさに「当たり前」の話になります。
ここで「千葉都民」伝説の出番です。

 
私たちは、
「千葉市といっても、住んでいる人の職場は東京都で、時間の多くを東京都で過ごし、千葉で眠りに帰る千葉都民」
というようなフレーズを何度も聞いてきました。
その話とは直接関係のない、千葉県にあるのに「東京ディズニーランド」、「東京ドイツ村」というネーミングが、なぜかその文脈でよく出てきます。つまり、やや自虐ネタですね。
しかし、「千葉市 まち・ひと・しごと創生 人口ビジョン総合戦略」の改訂版が2018年に発刊されましたが、そこで明らかになったのは、「千葉都民」伝説は、千葉市にとっては単なる都市伝説だということです。

 

 

 
添付写真は、この総合戦略改訂版の32ページの図です。
そこでは以下のように書かれています。
平成27年(2015年)の千葉市民の通勤先について
通勤者のうち58。0%(237,192人)は市内通勤者、
東京都内への通勤者は21.4%(87,382人)でした。
すなわち、市内通勤者のうちの5分の1、
全人口の約97万人のうちの約9%です。
1割に満たない規模です。

 

 
ちなみに、
船橋市や市原市など県内市外への通勤が18.7%(76,323人)、
神奈川県への通勤が0.8%、埼玉県が0.5%です。
さらに言えば、その5年前の2010年と比べて、都内勤務者は3、451人の減少、市内勤務者は6,537人の増加です。
このように、6割どころか1割にも満たない都内勤務者に(28症例中)半数以上の感染者がいることは、かなり特殊な現象であることは間違いありません。
人数比だけで見ても、
都内勤務者は
千葉市全体の感染状態に比べて5.6倍の感染判明の状態ですし、
都内勤務者を除いた千葉市民に比べて11.3倍の感染判明の状態です。

 

 

 

(あくまでも、千葉市内での感染判明者の比率から見た数字です。
過剰な不安をあおりたくないので、あえて伝えると、千葉市から都内勤務されている方の感染判明率は、わずか約0.04%です。1万人に4人です。
なので、都内勤務であるだけで感染リスクが高いということでは到底なく、都内勤務であることプラス・ファクターYがないと説明できません。そこのYが問題で、次のテーマになりますね。)
もちろん、都内勤務者全員が都内で感染しているとは限りませんし、実際に、市内の家族から感染が疑われている都内勤務者の方もいます。
それでも、その要因はまだ特定できなくとも、都内勤務者の方に注意喚起しないのはあり得ない状態です。

 

 

 
第二波の対策も、この点を踏まえたいところです。
では、疑問①②に答えたところで、疑問③、つまり、じゃあどうするの?については、次回以降です。
「千葉都民」伝説の次のキーワードは、
「東京への通勤ラッシュは3密」伝説です。
(論点を先取りしますと、言いたいことは「3密とは限らない」、重要なのはどこの場面でも「行動」ということです。下記アドレスで掲載)

https://www.komei.or.jp/km/chibacity-sakurai-hideo/2020/06/11/%e7%ac%ac2%e6%b3%a2%e3%81%b8%e5%90%91%e3%81%91%e3%81%a6%e2%91%a1%ef%bc%9a%e3%81%aa%e3%81%9c%e9%80%9a%e5%8b%a4%e9%9b%bb%e8%bb%8a%e3%81%af%ef%bc%93%e5%af%86%e3%81%a8%e8%a8%80%e3%81%84%e5%88%87%e3%82%8c/

コメントは受付けていません。