千葉市稲毛区には、大雨による「避難勧告」が毎年のように発令されている都市下水路「草野水のみち」、通称・草野水路が流れています。

その水位が千葉市ホームページの防災ポータルサイトに掲載され、下記アドレスから、現在の水位や危険な水位が一目で分かるようになりました(平成29年から!)
http://gsuishin.komatsuelec.co.jp/opendata/suishin/12/100/index.html

この画面に表示されます↓
(ライブ画像配信がR6年4月1日から追加)

縮小版8月13日棒グラフ

縮小版8月13日折れ線グラフ

 

草野水路

 

 

この課題は2年越しに議会質問で取り上げて参りました。(平成27年第3回定例会、同28年第3回定例会)

大雨の中、カッパを着て自治会長さん達と一緒に水路の現場を監視し、
「当然、大雨で皆さん家の窓も閉めてるし、この豪雨と濁流の音では、全く避難勧告のサイレンが聞こえない。」
と、現場で頭を悩ませ、考えた末の提案でした。(自治会の方々の姿を見て、部屋の中で水位を監視できれば、と思いました。)

このように、以前は現場で「人」が監視していました。↓ 

DSC00253

 

 

 

 

 

 

https://www.komei.or.jp/km/chibacity-sakurai-hideo/2015/07/page/2/

 

しかし、問題はここからで、
①防災サイト掲載の川の水位情報は、県から提供された情報(なので、市では動かせない。)
②あくまでも防災サイトの水位掲載は「河川」の水位であって、「都市水路」は対象外
③閲覧を目的としていない都市水路の情報をサイト掲載するには、システム改修が必要

などなど行政上のハードルは幾重にも。
それらを、一つひとつ当局に乗り越えて頂いての実現でした。
感謝です。

 

振り返ると、この防災ポータルサイトで、氾濫したことのない「河川」ではなく、実際に勧告が発令されている「都市下水路」を掲載したことは、行政上の形式でなく生活者の実被害の観点を優先させたことや、県任せではない市独自の水害対策を進めたこと、また、これまでと異なるオープンデータの活用の在り方等、前例に囚われない画期的な取り組みと言えます。

 

 

逆に、稲毛区の共産党の市議が、議会で
「草野水路の警報を最大音量にすべきだ」と発言しているのを聞いた時には、
「ああ、音量はとっくに最大になっていて、音量なんかでは解決しないということを、現場にいれば分かるのに…自分が現場に足を運んでいないと言っているようなものだな。」と思いました。
(そもそも、台風や大雨の時に住民が窓を開けっぱなしにして、音を聞くというイメージがおかしいですよね?)

 

 

また、2015年7月3日の「避難勧告」の際には、稲毛駅前で「戦争法反対」などと叫び、署名運動を実施していたため、
「本当に市民の命を守る気があるなら、行くところが違うでしょ。まずは近くの避難所の様子を見に行くべきなのに」
と強い憤りを感じました。

 

 

これからも生命・財産を守る政治を、口先ではなく、行動や結果で具現化できているか、自らに戒めながら精進してまいります。
まずは、これからの大雨にご注意ください!早速、サイトのご活用を!

 

 

※追伸1:2020年11月には稲毛小学校のけやき門側の水路との脇に、浸水等への対策として土のうステーションが増設されています。
詳細は以下のファイルでご確認ください。

稲毛小学校脇の土のうステーション (komei.or.jp)

※追伸2:2022年8月13日の台風では、1分間の間に水位が水路を越え、グラフの表示では間に合いませんでした。

この現場での経験をさらなる教訓に、グラフだけでなく、リアルタイムで水位の画像を配信することが必要であると、翌月の議会で提案しました。

皆様のお力をお借りして、何としても実現して参ります!

 

※追伸3:2024年4月1日からライブ画像配信が実現しました。
ただ、スマートフォンやPCでは見られるのに、タブレットでは見られない?という不具合も確認しました。引き続き改善を求めて参ります。

※追伸4:パトロールランプのLED化も実現しました。
ご提案頂いた地域の皆様に感謝です。

#草野水路 #草野水のみち #水位 #大雨 #豪雨 #台風 #稲毛区   #線状降水帯 #ゲリラ豪雨 #画像配信 #都市水路

コメントは受付けていません。

ブログバックナンバー
Twitter
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
稲毛区 櫻井秀夫