東日本大震災における消防ヘリコプターの活動状況・結果について調査しました。

3月11日(金)14時46分の地震発生後の10分後には「おおとり1号」「おおとり2号」を出動させ、千葉市内の被害調査を実施した。その後、消防庁長官の出動指示により、「動態管理システム」を装備する「おおとり1号」を福島県に派遣した。

緊急消防援助隊として派遣されていた「おおとり1号」は4月30日をもって、福島県での活動が終了し帰還。これまでのさまざまな活動の内容について確認しました。また、今回の経験を本市における防災対応に生かしていくよう要望しました。

 「おおとり1号」の活動状況:

捜索活動4件、救急搬送9件、医薬品搬送1件、人員搬送1件、被害調査6件、林野火災に伴う空中消火4件

 全活動件数は25件、飛行時間59時間39分、延べ派遣隊員数253名

「おおとり2号」の活動状況:市内及び県内に発生した災害に対応

 市原市での石油コンビナート火災を含む、市内で発生した火災及び救急活動を25件実施し、飛行時間は19時間21分

コメントは受付けていません。

Twitter
サイト管理者
千葉市 村尾伊佐夫
muraoisao@galaxy.nifty.jp