7月21日㈬の午前10時半より~千葉県女性局のリモート講習会が行われました。

 

講師として防災士であり防災アドバイザーの岡部梨恵子さんを県本部にお招きして、県下女性議員がリモートで講習会に参加する形となりました。

20210721_11171120210721_113656

 

岡部さんは大変歯切れのよい話し方で、災害現場の生の声から具体的な防災について話を伺うことが出来ました。

 

〇災害時に食が出来るか否か被災生活が異なること。

 

〇備蓄が重要であり、自宅の安全確認が出来ている人、転倒防止の徹底が出来ている人こそが地域の防災リーダーとなるべきであること。

 

〇プライバシーを守るための体育館でのテント式は夏は特に食中毒やノロウイルスが起こりやすく見回りが必要であること。

 

〇マンホールトイレは夏の時期虫対策が必要となること。

 

〇食用油で火をともすと火災になる恐れがあり、今はLEDライトを使うべきであること。

 

〇非常持ち出し袋の点検が大切であり、防災本を1つ1つチェックしていくことが必要など。

 

その他多くの細かい指摘が満載でした。

20210721_115726

 

最後には組み立てトランク型自動ラップ式トイレの紹介もして頂き、新たな発見の多い講習会となりました。

 

忙しい中、県本部迄お越し頂いた岡部さんに心より感謝です。

 

伺ったことを政策に活かせるようにしっかりと取り組んでまいります。

ありがとうございました。m(__)m

コメントは受付けていません。

Twitter
ブログバックナンバー
サイト管理者
千葉市 近藤千鶴子
chizuko@kondo-chizuko.net