予算審査分科会が常任委員会ごとに開催されました。

 

千葉市の予算の審議については、市長の提案理由の説明の後、各会派ごとに細かく議案研究が行われ、その後~各会派の代表質疑が議場で行われ、その後更に、常任委員会ごとの予算審査特別委員会の分科会で審査が行われています。

PIC00013D

 

私が期数を重ねてきたから思うことではないと信じますが・・・

 

分科会の審議が議員としての審査になっているのか。疑問になります。

 

審査ですから事業への質問と共に意見を述べて予算に対する審査を行う場であると思いますが、なかなか議案研究の域を超えていないように感じています。

 

議案研究や代表質問を踏まえての分科会の審査であるべきですよね!

 

このような審査では、時間をかけて職員を拘束して議案研究を行う意味がないのではと思われます。

 

議会改革を叫んで久しくなりますが、議会改革は議員改革であると痛切に感じた分科会となりました。

コメントは受付けていません。

Twitter
ブログバックナンバー
サイト管理者
千葉市 近藤千鶴子
chizuko@kondo-chizuko.net