参院選投票日まであと2日となりました。

 

1563518955504

 

公明党は「大衆とともに」の立党精神を掲げ、一貫して生活者目線の政治を進めてきました。

 

野党が不安を煽る年金問題は、公明党が主導した2004年の改革で保険料の上限が固定され、基礎年金2分の1の公費負担が実現するなど、少子高齢社会でも確実に支給されるように設計されています。

年金積立金もこの6年で53兆円増加し年金の持続性に揺らぎは全くありません。

 

更に、10月から予定されている消費税率の引き上げは、全世代型社会保障を築く為に必要です。

 

野党各党は消費税率の引き上げについて、凍結や中止を主張しています。

しかし、消費税率の引き上げなしで、社会保障の充実などに必要な財源をどう捻出するのか!現実的な財源は示されていません。

 

選挙のたびに耳障りの良いことを誠しやかに訴えて、具体的な方策を提示もしない~そんな無責任な候補者に、これから6年間の任期を・皆さんの生活を任せられるのでしょうか!

 

 

他党にない「小さな声を聴く力」は公明党の強みであります。

 

公明党が連立にいるからこそ、きめ細やかな政策を実現することが可能となり、国民に「政治に声が届く」と実感していただけると確信します。

 

政治は何を言ったかではなく何を実現してきたのか!

何をどう取り組んできたのかを国民の皆さんに示して訴えるべきではないでしょうか!

 

その候補者が何を成してきたのか!

賢明な皆さんの判断と、大切な一票を無駄にしない選択をお願いします。

 

コメントは受付けていません。

Twitter
ブログバックナンバー
サイト管理者
千葉市 近藤千鶴子
chizuko@kondo-chizuko.net