23日千葉にも大雪が降った次の日~千葉市美浜区にある「市町村アカデミー」で開催された『コミュニテイづくりを核とした新しい地域政策』と題した研修の中で「地域づくりを担う人材」の講義が行われ受講生に混じって聴講させて頂きました。

NEC_0291

講師が先輩でもある千葉市美浜区幸町1丁目コミュニテイ委員会会長の蟹江将生氏と千葉大学大学院社会学科研究院教授の関谷昇先生のお二人で、受講をお願いしての参加でした。

 

市町村アカデミーには千葉市の職員だった安部さんもおり、今回の件では色々とお世話になりました。

NEC_0288NEC_0290

 

講義は午後2時25分から午後5時過ぎまで行われました。

 

蟹江さんの長年にわたる地域での取り組みを分かり易く講義して頂き、休憩をはさんで、関谷教授から今の時代背景をふまえ、なぜ地域活動への意識が高まらないのかの問題提起の後~「地域の課題を掘り下げる」「市民にできることを掘り起こす」「共助を膨らませることに税金を使う」などのキーワードと共にいくつかの自治体の事例を用いて講義をしていただきました。

 

講義終了後、受講生からも活発な質問が多くあり、実りの多い講義であったと思います。いくつかのヒントとなる内容も伺うことができました。

 

何よりも、受講生を前にしての蟹江さんのパワーにビックリしました。千葉市に雪の降った後の受講となりましたが参加できてよかったです!

ありがとうございましたm(__)m

コメントは受付けていません。

Twitter
ブログバックナンバー
サイト管理者
千葉市 近藤千鶴子
chizuko@kondo-chizuko.net