11月の28日から第4回定例議会が開会されています。

 

12月4日・5日は常任委員会の日程でしたが、4日の日で案件審査が終了したため、会派のメンバーと5日の午前中に有害鳥獣対策が行われている千葉市緑区板倉町の現場に伺ってきました。

NEC_0289

有害鳥獣

 

地元の農業委員の橋本さんや町内会長の加藤さん、農政センターの所長や農業生産振興課長も一緒に現場に足を運んでイノシシ被害の現場や箱ワナ・電気柵の現物を拝見しながら~緑区の板倉町に既に今年中に9頭のイノシシが捕獲されている現状を確認しました。

NEC_0290

 

その後、板倉集会場で現在の有害鳥獣のイノシシに対する取り組みや、課題についての話を農業委員の橋本さんから伺いました。

 

一緒に参加した会派のメンバーからは、千葉市にもこんなところがあったのですね。。と驚きの声。千葉市の広さと多様な課題を垣間見た感があったようです。

 

今回の議会でも会派の代表質問でも取り上げましたが、マスコミもにぎわしているこうした野生の動物への取り組みについては農家の皆さんにとっては大切な作物を荒らされるばかりか、身の危険にもかかわることであり死活問題でもあります。

 

しっかりとした取り組みを農政部と共に検討してまいります!

お土産までいただきありがとうございましたm(__)m

 

コメントは受付けていません。

Twitter
ブログバックナンバー
サイト管理者
千葉市 近藤千鶴子
chizuko@kondo-chizuko.net