バックナンバー 2022年 7月

20220722_1338012030年への 新たなこの10年間が 世界の命運を決めるとの指標を示していただき
2021年コロナ禍の真っ只中でしたが、何としても皆さんと立ち上がっていかねばとの決意で議員活動、県民相談そして国政選挙(衆院選)に猛然と動きました・

そして2022年
県議会代表質問に立ったその日、ロシアによるウクライナ侵略が起きてしまいました。、私たちはお一人お一人の幸せのためにも
地域の安全安心のために・・社会の平和のために・・・少しでも力になりたいと祈りながら活動してきましたが、さらに力がこもりました。
国際情勢が揺れ動き、私たちの生活にも影が落とし始め、物価高騰、コロナ禍の先行きへの不安も広がる中で、県民相談も多く頂きました。そして迎えた3年に一度の参議院選挙では 熱血漢の竹内しんじ候補を先頭に懸命に闘い抜きました。
公明党が推薦した千葉県選挙区自民党2候補の当選に向けて、今までにないくらいの応援をしました。
党員支持者の皆様の絶大なるご支援で小選挙区7人全員当選、比例区では
竹内しんじを先頭に6議席当選を果たすことができました。感謝でいっぱいです。

全国比例区票の減票には、自身・議員団の動き 団体対策、自民党との協力の事などの分析もし、今回の結果を次への起点としていくためにも、
色々と考察しながら、反転攻勢へ動き出しています。
何よりもその減票をあざ笑い、さらには政治と宗教について 認識せずしての偏向報道や論評にあきれるばかりです。
私たち公明議員が 現場でどのような要望を受け その解決に向けて行動して実績を積み上げているか見極めてほしいものです。
私たちは  私は 6181431票(柏市19506票)の想いを胸に  ここから・・・・・さらなる党勢拡大に猛然と行動していきます。・

「大衆とともに」の立党精神を示していただいて60年の節目の時に・・原点を学びます。