バックナンバー 2021年 5月
【ここから】
本日5月14日、熊谷俊人新知事と面談し、公明党千葉県議団から、
『今後の県政運営についての重要10分野の要望書』、さらに『新型コロナウィルスワクチン接種に関する要望書』を提出しました。
また角田副代表も同席して公明党千葉県本部女性局として、『コロナ禍における女性の負担軽減に関する要望書』を千葉県知事・千葉県教育長に提出しました。
熊谷知事からは、現場感のある公明党との議論を楽しみにしていますとのお話がありました。

 

令和3年5月14日

千葉県知事 熊谷俊人 様

公明党千葉県議会議員団

 

今後の県政運営に当たり、公明党千葉県議会議員団として重要視する10分野について要望書を提出します。
今なお収束の兆しが見えないコロナ禍にあって、県民の命と財産を守るために、行政と議会は切磋琢磨しながら協力し合い県政を進めることが重要です。
新型コロナウイルス感染症については、変異ウイルスが新たな脅威として出現し、感染拡大が懸念される事態が続いている現状ですが、その一方で、地方自治の
本旨に基づき、二元代表制の一翼を担う議会に対する最大限の尊重はなされねばなりません。
また、災害対策のように、県という行政組織を超えた、民間事業者、警察、自衛隊など多くの団体や個人の力を借りなければ、早期の復旧、復興に結び付かない
分野もあります。さらに、現時点では想定し得ない、新たな行政課題への取り組みも求められることと思います。
知事として、平時から県内各種団体との連携協力体制の強化を図るとともに、県民の視点に立った、県民福祉の向上に資する条例、要綱などの提案、制定につい
ては、積極的に取り組まれることを期待し、以下要望致します。

記(項目のみ内容省略)

1、県民に開かれ、信頼される千葉県を目指して                  

2、県民とともに地方分権を推進する千葉県を目指して            

3、新型コロナ感染症対策に着実に成果を上げる千葉県を目指して       

4、持続可能で豊かな活力ある千葉県を目指して               

5、一人一人の多様性を尊重する千葉県を目指して              

6、県民の命と災害弱者を守る千葉県を目指して               

7、子どもの幸せを第一とする教育の千葉県を目指して            

8、質の高い医療と福祉の千葉県を目指して                 

9、首都圏をけん引する活力ある千葉県を目指して              

10、文化・芸術を守り育てる魅力ある千葉県を目指して

1620969329427