バックナンバー: 2020年 4月

竹の内方面の今井橋付近にあるカーブミラーが曇っていて見えにくいとのお声をいただいておりましたが、さきごろ、きれいになり、左右が見やすくなりました。この道路は通行量も多く山手からおりてきた場合に苦労するところであるため、助かります。
上の写真は、曇っている時の状態で下の写真は、きれいになったあとの写真です。

DSC05691竹の内藤原宅上カーブミラー曇り

DSC06696竹の内藤原宅上カーブミラー曇りありの為取り替え済完了 (1)

新型コロナウイルス感染症対策の臨時議会が開催され賛成多数で可決されましたので主な概要です。雇用を守る取り組みでは、今回の新型コロナの問題で、休業・解雇・内定取り消し・世帯収入減少で就職希望の方などを対象に市が最大500人雇用、一人約10万円で1年間の予定。事業を守る取り組みでは、中小企業者等賃料補助を最大7万円で最長6カ月・郵送・オンライン受付も予定、市民の健康・生活を守る事業では、清掃・消毒用の次亜塩素酸ナトリウム液を上下水道局にて平日の朝毎日配布、マスクを50万枚確保し5月のゴールデンウイーク明けに納品・医療機関・学校・放課後児童クラブ・保育所などに配布またコロナに負けるな別府っ子応援特別事業(別府市社会福祉協議会事業)として世帯収入の減少や失業で支援が必要な小中学生に一人1万円助成、市税等の減免猶予(市税・介護保険・障がいサービス利用負担・保育料・国民健康保険税、保険料・上下水道料金・市営住宅家賃・別府市大学奨励金の返還猶予)などがあり、総合コールセンター。受付センターで受付。近日中に詳細決定したことを別府市ホームページで発表されます。

今回の新型コロナウイルス感染症対策で一人一律10万円給付は公明党から以前より提言しているところですが、本日、山口代表から政府へ強く要望し、前向きな回答があったようですが、今の国民の皆様の未来への切実な不安感を少しでも払拭するには、一刻も早くスピード感をもって、安心感をもっていただく。心に希望の炎を早くともすことがだいじです。私も友人の方より、所得制限の話が以前でたときに、それはない方が良い!との強い要望をいただきました。山口代表も発言していましたが、所得制限なし!で一刻も早く安心感を!が民意だと思います。

別府市の新型コロナウイルス感染症緊急対策が発表されました。図書館一体整備、東洋のブルーラグーン事業を見合わせてまず今回の新型コロナウイルスによる影響を受けている市民生活を守る勇気ある別府市の約10億円の単費による市民に勇気と希望を与える事業です。まず走り出していろんな意見要望を聞いて煮つめて修正して進む。#べっぷ飯に次ぐ全国的にも注目の事業です。

鶴見小学校の正門から出た所にカーブミラーが設置されました。これは以前より地域の子どもさんを持つ保護者のからよりの強いお声をいただき、校長先生や扇山自治会とも協力して、関係部署へ要望していたものです。小学校から出る時に非常に左右が見やすくなり安全が確保されました。関係者の皆様ありがとうございました。

地元の鶴見小学校の桜がきれいに咲いています。今は、新型コロナの影響でまだまだ登校は先になりそうですがまた近いうちに必ず元気な声が響くでしょう!

扇山自治会による「こいのぼり」を境川にかける作業に参加させていただきました。晴天に恵まれ無事に終了。場所は西別府橋の上です。是非ご覧ください。

20200404扇山鯉のぼり上げ境川 (2) 20200404扇山鯉のぼり上げ境川 (1)