ブログバックナンバー
サイト管理者
浅口市 佐藤正人
masa_3_0822@ybb.ne.jp

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  先日、市民の方から相談といいますかご指摘があったんですが、この写真の場所は金光みわ病院から北の占見方面に向かう高架橋上部ですが、路肩が大変に凸しており、自転車やバイクは危ないとのこと。この辺りは以前にも同様な相談を受けて対応したこともあります。今日、確認したところご覧のようにマーカーで囲みがしておりました。おそらく、もすでに市の方も確認しているんでしょう。こういう箇所は早く修繕しないと事故が起こりますね。早めの対応が求められます。

 

〈「専守防衛」は変わらず!〉

 今、国会政府与党では国の安全保障法整備に関わる憲法解釈の議論が行われています。マスコミでは集団的自衛権の行使容認論が執拗にとり出たされています。先日は、政府による武力行使の3要件が示され与党内で修正議論が行われています。今日の公明新聞で井上幹事長は「公明党は結党以来、『平和の党』として平和を築くために努力してきた。今も平和のためにどうしたらいいかを考え懸命に闘っている。」とした上で、公明党が主張しているのはあくまでも自衛権の行使について「国の存立をまっとうして国民を守るために他に手段がない、必要最小限の武力行使だと明確な基準をきちんとすれば、憲法上認められる自衛のための武力行使だからこれは認めてもいいのではないか。」要するに今まで日本が守ってきた『専守防衛』は変わらず、ということです。

「他の国にまで行って、その国を守るために武力行使するような集団的自衛権は憲法上認められない。ここから先は憲法改正しかないことを、今回の議論で明確にする必要がある」ということです。

マスコミ報道では、明日に閣議決定されるということのようですが、このことは、国民の皆さまにもしっかりとうったえ理解してもらいたいと思います。

 

 

コメントは受付けていません。