ブログバックナンバー
サイト管理者
浅口市 佐藤正人
masa_3_0822@ybb.ne.jp

「浅口ふれあい号」利用者の声です

4月1日スタートした「浅口ふれあい号」ですが、実験運行開始から1カ月が経とうとし、かなり見慣れてきました。利用状況は、まだ私も良く把握していませんが、先日懇談をしました六条院西の池の平団地の80歳のお父さんが「浅口ふれあい号」について話して下さいました。この方は、今でも自家用の軽自動車は運転されています。毎週2~3日、健康福祉センターのトレーニングルームに通っているそうです。今回このバスが団地内から健康福祉センターの便があるということで1度、乗ってみたそうです。朝8時36分に乗って25分かけて9時1分に着くそうです。そして、約1時間半トレーニングし、帰りは11時29分に乗って11時54分にわが家に着くそうです。ご本人の利用している感想としては、『確かに自分で運転して行くよりは時間はかかるが、他に仕事があるわけでもないので、急ぐ必要は全くない。1年後には、乗車賃100円いるかもしれないが、当面は利用していきたい。今のところは助かっているので、ありがたい』と言っておられました。私も、まだまだ今後、色んな人に利用した感想も聞いていきたいと思います。また、市の利用状況のデータも今後、発表もあると思いますので注目したいと思います。

コメントは受付けていません。