ブログバックナンバー
サイト管理者
浅口市 佐藤正人
masa_3_0822@ybb.ne.jp

火災訓練が行われました。

今日の午前中は、予定どおり占見地区を中心にした火災訓練が実施されました。9時前から、泉勝院広場で準備等をし9時30分に《山火事発生!!》の号礼があり、消防署および避難誘導責任者の指示で敏速な消火作業・避難誘導などが行われました。また、延焼を想定し泉勝院さんの重要文化財の緊急搬出訓練なども行われました。倉敷消防署、金光消防団関係者70人、占見区民30名の計100人規模の訓練です。今日は、特に寒さの厳しい中での実施でしたが、参加された皆さんは敏速に行動され有意義な訓練でした。いざという事態に非常に役に立つと実感しました。貴重な火災訓練が出来たと思います。

消防関係・地元役員・泉勝院檀家の皆さん大変にお世話になりました。とは言えやはり大事なことは、火を出さないことが一番です! 空気も乾燥していますのでくれぐれも気をつけたいものです。

 

 

火災訓練終了後には、西谷組合員の消火器訓練が行われました。お年寄から子どもまで参加しました。倉敷消防署員さんから説明を受け、各人で実際に消火器の使い方を体験しました。

 

 

 

「浅口市生涯学習推進大会」が開催されました。

 午後からは、第5回浅口市生涯学習推進大会に参加しました。オープニングの「コールあまくさ」の女性合唱団の歌から始まり、実践発表として「”遊ぶところ”和太鼓教室」「佐方子供吉備神楽伝承教室」「藤間流日本舞踊」とどの団体も素晴らしい演技でしたね。特に佐方の吉備神楽は子供ながら大人顔負けの勇姿でした。是非ともこれからも受け継いでもらいたいものです。

そして、メイン講演は、岡山県が誇る井原の興譲館高校陸上部監督の森政 芳寿先生の講演がありました。興譲館高校と言えば昨年暮れの全国高校駅伝女子で5年ぶり2回目の優勝に輝いた高校です。先生の陸上を通しての教員生活の体験から全国制覇に至るまでの実践報告がありました。『指導者だけの力では、この偉業は決して達成出来なかった。保護者・同校生徒・OB・市民の応援があったからこそ。励ましこそ最大の勝利の要因だった。』と語っておられました。高校駅伝優勝という1つの結果かもしれませんが、そのまま地域のみんなで支えあう協働のまちづくりですね。一つの目標に向かって地域が団結するということは素晴らしいことだと実感させて頂きました。3時間の内容でしたが、大変に勉強になりました。

コメント投稿