menu
バックナンバー 2022年 7月

公明党新型コロナウイルスワクチン接種対策本部が厚労省と4回目ワクチン接種の拡大巡り意見交換をしました。
厚労省は、接種対象者を医療機関や高齢者・障がい者施設などの従事者を対象としたことについて、訪問介護や通所介護サービスの従事者も含まれると自治体に示したと報告。
党からは、保育士や教員も対象に引き続き検討をと訴えました。
下記に朝霞市の対応をリンク貼ります↓
先日、朝霞市ワクチン接種推進室に確認したところ、市内の対象となる事業所等には既に通知がされているとのこと。
ただし、市内在住市外事業所へお勤めの方は、自ら接種券の申請が必要となります。
接種券申請は朝霞市ホームページ、ネットから簡単に申請が可能ですので、お早めに申請ください。
#朝霞 #ワクチン接種

朝霞市ホームページより↓↓
https://www.city.asaka.lg.jp/soshiki/24/singatakoronawakutin-4kaime-sesshu.html

先日、「高齢者寄り添いスマホ教室」の主催である、認定・埼玉県指定NPO法人メイあさかセンターの代表と、docomoショップ店長さんと、昨年度に続き今後の関わりについて懇談してまいりました。
その際に、マイナンバーカード申請のお手伝いを各キャリアが始めるとのお話がありました。
本日、早速私が使うキャリアから、マイナンバーカード及びマイナポイントの申請のお手伝いをしますとの案内がありました。
助かりますね!
ぜひ!ご利用ください!
#朝霞
#スマホ教室
#介護予防
#マイナンバーカード
#マイナポイント

今年5月に、ブラジルで開催されたデフリンピックにおいて、デフバドミントン団体が銀メダルを獲得しました!
これまで投稿してきたので、一緒に応援してくださった方も多いかと思います。
デフバドミントン日本代表選手が朝霞市在住でおり、私達の誇りです。
今日は練習日にお邪魔し、もったいなくもメダルをかけていただきました。
な、なんと!嬉しい!
ありがとうございます!

ご存知の方もいるかと思いますが、デフリンピックは期間途中、コロナ陽性者が多く出たことで、種目に関係なく日本人選手団は残りの試合があるにも関わらず、全て棄権し日本へ戻りました。

この判断に対して、選手らは言葉に表せない辛い思いや悔しい思い、無念な思いと様々な感情があったことでしょう。

今日もお話を聞くと、帰国後は放心状態というか何も手に付かない状態だったようです。

そりゃそうです。

今大会目指して、4年間並々ならぬ練習をしてきて、コロナの影響で1年延期となり、やっと開催されたと思ったら、途中棄権と…。

それでも9月にアジア大会があるとの事で、いつまでも抜け殻の状態ではいられないと、立ち上がったと。
次を目指すは、喫緊の大会はあるものの、やはり2025年開催の夏季デフリンピックが、東京開催となるよう招致活動や、そこにいたる環境整備や練習場所の確保など課題は多くあります。

私はこれからも、全力で応援してまいります!
#朝霞
#デフリンピック
#デフバドミントン

今月の「まめスマホガイド」無事開催できました。
今回もテーマを決めず、スマホお悩み相談会となりました。
まずは、マイナポイントについて「そうだったの〜」の声もあり、再度分かりやすく説明しました。
他には、ネット検索の上手なやり方などなど。
ここでは何回聞いてもいいんです(笑)
#朝霞
#高齢者向けスマホ教室

子ども達は夏休み入ったというのに楽しそうな話題が少ないような…
今月の「ウクレレサロンまめレレの会」でした。
やっぱりここは、歌って乗り切るしかないですね!
今日の開催にあたって、みなさんのご協力をいただきながら、今月も無事ゆるゆると開催しました。
なんと!嬉しい事に新メンバーが参加していただきました。

始めるにあたってのエピソードが興味深い。

まずどんなウクレレを購入していいのかわからない、とのことで、参考にお示しし、すぐに購入したと。

ポロンポロンとやっていると、20才代の息子さんが「ちょっと貸して」と。

あっという間に曲も弾けるようになって、友達と出かけた際に、ウクレレも一緒にお出掛けして外でも楽しんだと。

あとから始めた息子さんに教えられることもあり、これまで息子との会話がなかったが、ウクレレがきっかけで話が合うようになったと。

ウクレレが繋ぐ家族の絆!

なんて素敵なエピソードでしょう。

こんなエピソードを増やしたいですね!

なので、ここは「ウクレレ教室」ではなくて「ウクレレサロン」なんです。

今日も手首の運動、そして口腔ケアと、意識しながら演奏しました。

私がウクレレサロンを運営する理由はここにあります。

集いの場、通いの場になっていればとても嬉しいです。

また来月集いましょう。
#朝霞
#ウクレレ
#フレイル予防
#介護予防

避難所開設訓練が、昨年度に続き実施されました。
一般質問でも継続の実施を訴え、今年度は危機管理室主導ではなく、実際に現場で対応する市職員地域班と自主防災会の方々が中心となり進めました。
避難所開設訓練とはいっても、地震被害時と洪水被害時では、受け入れ人員の体制が変わります。
洪水の想定では、市職員と自主防災会が立ち上げますが、突如と起こる地震被害では、地域班と自主防災会が避難所を開設することとなります。
もしかしたら地域班は駆けつけられない事が起き、自主防災会の役割は大きさを増すと思います。
私は、朝霞市地域防災アドバイザーとして、最後に挨拶させていただきました。
#朝霞 #防災士
#防災アドバイザー

以前、地域まわりで一度お会いした方からの声で、支援者を通して私に繋いでいただきました。
朝霞市から志木市に引っ越され、障害者福祉制度の違いで、支援が途切れてしまったとのご相談をいただきました。
公明党志木市の議員に繋がるため、新しい志木市庁舎議員控室で、今村ひろし議員に繋ぎ、一緒に懇談しました。
このようなことを担当課に訴えると、公平性に欠けるためできないと言われることがあります。
全国でも稀な制度を実現して欲しいと言っている訳ではなく、今まで住んでいた自治体で受けていた支援が、お隣の自治体では受けられないというのは、やはり…納得がいかないでしょう。
さらに、その方は新座市にも住んでいたことがあり、そこでも、朝霞市の制度とは若干違いますが、それに充当できる支援があったとのこと。
ぜひ、志木市でも前へ進めていただるよう、強くお願いさせていただきました。
余談ですが、志木市役所は先日19日より、建替えが終了した新市庁舎を見る事が出来ました。
日曜日ですので、各フロアーを見て回ることは出来ませんが、議員控室がある4階フロアーは展望台として一般開放されているとのことで、ここで撮影していただきました。
新しい市庁舎はいいですね〜
#朝霞 #志木

第1回エンタメ祭が開催(7/23)
フラ、キッズダンス、フラメンコ、そしてアフリカンの華麗で迫力あるステージが披露されました。
主催は、女優であり作家、ダンサーetcの竹内知子さん。
長く続くコロナ禍で、なによりも一番苦しい思いをしている音楽活動を応援するイベントだったと思います。
参加グループは4つ。
志木、所沢、西東京で活動中の、音と踊りで繋ぐ輪!をテーマに3才から通えるダンススクール「オトノワメゾンダンススクール」
鶴瀬、狭山、阿佐ヶ谷で活動中の、スペインのアンダルシア地方の踊りで美しく情熱的な踊りを披露した「フラメンコ教室」
朝霞を中心に活動中の、トモソダチな仲間達が集う場所で自然発生的に生まれたミネラル愛溢れる癒しダンサーズ「ミネラルミツバチミューズ」
志木を中心に活動中の、西アフリカ、ギニアのジャンベとダンス、そしてパワーみなぎるミュージック「アフリカニーダリー」
そしてそして、なんと!「おへそバンド」も本ステージではなく、オープニングアクトで出演いたしました!
本番前のステージをしっかり温めました(笑)
私は、おへそバンドと依頼を受け、音響スタッフとして裏方さんで支えました。
第2回を12月に予定しているようです。
ぜひ、あなたもステージへ立ってみてはいかがでしょうか。
#朝霞

今月の「高齢者と障がい児者と共に療育音楽を楽しむ会」定例会。

認定・埼玉県指定NPO法人メイあさかセンター運営で、毎月第4土曜日開催。

昨日の埼玉県障害者交流センターでの打楽器ワークショップに刺激を受けて、地元に戻って来た感です。
大暑の今日ですが、参加も多く賑やかでした!

限られた時間内に、次のイベント参加などいろいろやる事が多いので、ギュッと詰め込まれた感じなので、出来る事ならば、ゆるゆるひとつのテーマだけ、繰り返し繰り返しやりたいなとも思います。

ただそれでは法人の活動としては成り立たないので、イベント参加でひとつの達成していくことも必要です。
今日は、ここ最近の再度コロナの影響がありながも、音楽と共に過ごす嬉しさを感じました。
#朝霞

676748F2-4249-4C7B-AFD7-D75079F0DC29

埼玉県朝霞市障害者アートフェスティバル実行委員会の主催「障がいのある方向け打楽器ワークショップ」を見学に行って来ました。
実は、昨年にも見学の要望で連絡をさせていただいたのですが、コロナ感染状況により、外部の方の参加は不可いうことで、2年越しに参加となりました。
ということで、埼玉県障害者交流センターに行って参りました。
プロの打楽器奏者が講師でファシリテートしていくという、実際に見て勉強をさせていただきました。
見学をお願いしましたが、ガッツリ参加して楽しい時間を過ごさせていただきました。
というのも、受付を済ませると、おもむろにアフリカンなシャツに着替えて準備OK(さすがにマイジャンベは持ち込みませんでした)
参加者の反応も見ながら、いくつものタイコの音色を聞きながら、自分の身体も熱くなりました。
これまで、認定・埼玉県指定NPO法人メイあさかセンターでの「高齢者と障がい児者と共に療育音楽を楽しむ会」で10年以上関わらせていただき、そこの講師である、公益財団法人東京ミュージックボランティア協会のメソッドを学ばせていただきました。
打楽器は誰でも叩けば音が出て、笑顔になる素晴らしい楽器だと思っています。
これを福祉の場にもっと取り入れられないかと、活動を続けて来て思っていました。
音楽を通して集う場を増やしたいと思い、素人の打楽器奏者ですが、高齢者施設等でドラムサークルの真似ごとをコーディネートしたりしていました。
しかし、音楽療法士の資格がある訳でもなく、なんちゃってな進行でいいのかとも内心思っているところで…。
議員の立場であれば、そのような場の立ち上げに関わり、きっかけをつくり、関係をつなげばそれでいいのかとも思い、それ以上は議員としてやることでもないかもしれません。
まぁ、でも現場で一緒に動くそんな議員がいてもいいでしょう、と自分に言い聞かせています(もちろん議員がやるべきお仕事もきちんとやったうえですが)
そんな訳で、今日は見学と言うよりは、私がこれまでやって来たことの裏付けを見たく参加させていただいたのかもしれません。
参加者の笑顔が増えるのを見るのは楽しいですね。
1時間半の開催時間は、あっという間に終了してしまいました。
今日は大変にありがとうございました。
追伸、埼玉県障害者交流センターからの帰りは、さいたま新都心駅まで歩いたお陰で、美味しい中華屋さんでお昼することが出来ました(笑)
#朝霞
#療育音楽
#打楽器
#パーカッション
1F4FAACC-2065-4EA3-809F-B20B79FE2A49

まめ通信 Twitter
カレンダー
2022年7月
« 6月   8月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ブログバックナンバー
カテゴリー
サイト管理者
朝霞市 遠藤光博
endou-soudan@i.softbank.jp