menu

令和3年度(2021年度)一般会計補正予算第7号の議案のみ。
国の補正予算が決定した事で、計上された案件についての対象額は10分の10と国からの歳入となります。
内容は
マイナポイント事業費補助金。
役所窓口に申請支援として会計年度任用職員1名の報酬。
新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金支給事業。
住民税非課税世帯等への臨時特別給付事業。
生活保護世帯を含み、1世帯10万円給付。
2月中に通知郵送し、返信後随時給付。
子育て世帯への臨時特別給付金事業。
基準日は令和3年9月30日。
昨年先行して児童手当給付世帯には5万円給付済みで、残り5万円について、1月18日以降通知郵送し1月28日給付予定。
さらに児童手当給付世帯以外の16歳以上の子がいる対象の世帯へは、1月18日以降通知郵送し、2月末までの返信について2月末に10万円を一括給付。
またそれ以降の返信については、3月末に10万円を一括給付となります。
次に、新型コロナウイルスワクチン接種事業。
医師等への謝金と集団接種についての委託金
接種はこれまでの医療機関での個別接種に加え、市民会館高砂での集団接種を実施する。
国の指針より、一般高齢者も2回目接種より6ヶ月後以降の接種となります。
前倒し接種についてのワクチンは、介護事業所利用者などについてはファイザーで、その他はタケダモデルナとなると。
ただ基準日以降の予約の場合はファイザーとなると。
接種券は2回目7ヶ月後を目処に接種券が郵送されてくると。
詳細はワクチン接種推進室へ。
あとは、寄付金が有り、寄付者の意向により、博物館へ展示照明器具購入に計上されました。
#朝霞

コメントは受付けていません。

まめ通信 Twitter
カレンダー
2022年1月
« 12月   2月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ブログバックナンバー
カテゴリー
サイト管理者
朝霞市 遠藤光博
endou-soudan@i.softbank.jp