Twitter
モバイルサイトQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
荒尾市 俣川勝範
masanori.matagawa@estate.ocn.ne.jp

Archive for 2020年 7月

≪公明新聞電子版より≫

【少年法適用年齢】

『20歳未満を維持』

全件家裁送致も

【コロナ禍 過重負担の保健所】

『業務効率化も「先見えず」』

感染者増で人手不足

≪荒尾市≫

気象庁は30日、九州北部地方が梅雨明けしたとみられると発表。平年より11日、昨年より5日遅い梅雨明けとなりました。今後は、真夏日となります熱中症に気を付けてください。

きょうも市民相談等・・・頑張ります!

1596140921202159614098383120200605_130256

≪公明新聞電子版より≫

【新型コロナそこが知りたい!】

『ワクチン巡る取り組み』

加速めざし政府が支援

【新型コロナで目立つ「遅れ」】

『子どもの予防接種 予定通りに』

【新型コロナ】

『全国の小中学校で』

ストレス学ぶ 授業を

≪荒尾市≫

有明保健所管内(荒尾市・玉名郡市)では、新型コロナウイルス感染が長洲町の企業で、新たに12人の感染が分かり、クラスターは県外在住者も含め計50人に拡大しました。

きょうも市役所・市民相談等・・・頑張ります!

15960551229621596055202618159605529079720200620_093923

≪公明新聞電子版より≫

【7月豪雨】

『再建支援、迅速に』

衆参特別委員会で公明党訴え

【豪雨被害】

『営業再開へ対策強化』

全国農業協同組合中央会(JA全中)から要望聞く

【新型コロナウイルス感染拡大】

『疾病対策センター「日本版CDC」創設を』

感染対策の総合研究所

≪荒尾市≫

新型コロナウイルス感染症については、有明保健所管内(荒尾市、玉名市、玉名郡)で、本市職員の感染、長洲町の企業でのクラスターの発生、また、近隣する福岡県大牟田市でも感染者が発生しています。感染が疑われる場合は、県専用相談窓口(電話番号:096-300-5909)までご相談ください。

きょうは地域振興会議・市民相談等・・・頑張ります!

15959680356931595968127014159596817757720200620_094016 (2)

≪公明新聞電子版より≫

【コロナ禍から国民守る公明党の闘い】

『パルスオキシメーターの配備』

重症化の兆候つかむ

【豪雨被災地にトイレカー】

『長崎・島原市から熊本・球磨村へ』

公明党議員が橋渡し

【豪雨被害】

『施設の高齢者どう守るか』

自治体の本気度がカギ

≪熊本県・荒尾市≫

新型コロナウイルス感染で熊本県初のクラスターが有明保健所管内(荒尾市・玉名市)の企業関連25人で発生。「県境超える移動自粛」をして、ご自身の感染防止とうつさない取り組みをお願いします。

きょうも市民相談・リモート会議など・・・頑張ります!

15958818165701595882019088159588209098620200502_105753 (1)

≪公明新聞電子版より≫

【防災行動計画】

『豪雨被災地のタイムライン』

住民の早期避難に効果

【防災・減災政策の課題】

『「3ヵ年緊急対策」後を見据えて』

【新型コロナ そこが知りたい!】

『心の悩み抱えたら・・・』

相談窓口の利用 気軽に

≪また川まさのり≫

「また川まさのり 議会だより53号」が出来上がりましたので、党員・支持者や企業団体、友人知人(全国も)にお届けいたします。ぜひ読んでください・・・

きょうは代表者会・全員協議会・市民相談等・・・頑張ります!

15957942451741595794680789159579430947420200725_16582120200725_165852

≪公明新聞電子版より≫

【党勢拡大へ さらなる前進を】

夏季議員研修会 山口代表の訴えから

『議員力 徹して磨こう』

【熊本豪雨】

『インフラ復興に全力』

城下県代表ら

和水町、南関町の被災現場を調査

【被災者支援へ街頭募金】

熊本県本部が強力 熊本市中央区上通りアーケード

≪募金活動に協力≫

令和2年7月豪雨被災者を救援する熊本の会の要請のもと、熊本市中央区上通りアーケード内で募金活動を行いました。足を止めて快く募金されました方々に心より感謝申し上げます。

きょうも市民相談等・・・頑張ります!

15957101226601595710198951159571023227720200725_132043

≪公明新聞電子版より≫

【医療・介護・障害福祉の労に報いる】

『慰労金の申請 順次開始』

☆公明党が推進した1人当たり5万~20万円が給付

【九州豪雨3週間】

『生活再建 見通し立たず』

住宅確保、従事者支援が急務

【新型コロナ そこが知りたい!】

『新しい旅のエチケット』

マスク着用し3密回避

≪荒尾市≫

荒尾市では「令和2年7月豪雨災害」に伴い、水害などの被害に遭われた方につきまして上・下水道料金の減免申請を受け付けています。被災証明・罹災証明を発行しされた方で令和2年8月(7月検針分)及び9月(8月検針分)が減免対象になります。

きょうも市民相談・豪雨被災者救援募金活動など・・・頑張ります!

uesugi20200725_05281429uesugi20200725_05290830uesugi20200725_0529590620200620_093849

≪公明新聞電子版より≫

【コロナ禍から国民守る 公明党の闘い】

『中小企業に家賃支援』

事業継続へ下支え

【新型コロナ感染、分かれる対応】

『課題山積 今年の海水浴場』

中止・開設でもウイルス感染防止対策は不可欠

【見てナットク】

『スーパーコンピューター富岳』

新型コロナ対策に前倒しして活躍中!

≪荒尾市≫

23日、本市職員の新型コロナウイルス感染が確認。24日に庁舎の消毒を実施。27日から通常通り業務は行う予定です。皆さまは県・市の正しい情報を確認し、根拠のない情報に惑わされることなく冷静な行動を行ってください。

きょうは激しい雨が降りそうです気を付けて・・・頑張ります!

uesugi20200724_05252719uesugi20200724_05262209uesugi20200724_0527023920200719_104524

≪公明新聞電子版より≫

【行政デジタル化急げ】

☆日本記者クラブで山口代表が講演

『コロナ禍の教訓生かす』

【豪雨災害】

☆公明党、首相に66項目要請

『生活、なりわい再建へ』

【熊本豪雨】

☆熊本・相良村で党県議ら

『もう怖く他住めない』

≪荒尾市≫

荒尾市では「コロナ禍対策」として2020年度一般会計補正予算で専決処分を行い市議会全員協議会で報告。総額1億8,053万円。ひとり親世帯臨時特別給付金事業費7,577万8千円、学校保険特別対策事業費(小・中学校)1,700万円。市単独事業に8,775万2千円など支援します。

uesugi20200723_05423159uesugi20200723_05432109uesugi20200723_0544456020200626_145514きょうも市民相談等・・・頑張ります!

≪公明新聞電子版より≫

【コロナ禍から国民守る 公明党の闘い】

『持続化給付金の対象拡大』

前例なき支援 矢継ぎ早に

【豪雨災害で公明党対策本部】

『全国社会福祉協議会から要望受ける』

ボランティアの感染防止へ支援を

【コロナ禍で推進】

『家賃支援給付金 申請受付スタート』

オンラインのみで手続き

≪荒尾市≫

「荒尾干潟水鳥・湿地センターだより第一号」が発行。市内に住む子どもたちにラムサール登録湿地である荒尾干潟を知ってもらうために。センターの活動や干潟生物を紹介しています。荒尾弁で「まばいか」(まぶしい)を表す「Mabyca」と名付けられました。

きょうも市民相談等・・・頑張ります!

uesugi20200722_05371190uesugi20200722_05375123uesugi20200722_05383140107944413_873083773100762_297194120634737720_o