バックナンバー 2020年 3月

新型コロナウイルスの感染拡大の影響による休業などで収入が減り生計が苦しくなった場合、生活福祉資金貸付制度の「緊急小口資金」が活用できます。

詳しくは足立区社会福祉協議会生活支援課まで(電話3880-5740)足立区役所南館11階

生活

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で家計が急変した学生には、4月から始まる大学など高等教育無償化の対象となる可能性があります。まずは、在籍校に相談してください。家計急変

 

小中学校の卒業式は感染予防のため、校庭で実施する予定で、保護者は1名のみ参加が可能とするそうです。

残念ながら雨天の場合は体育館で実施となり、その場合は保護者は参加できないとのことです。

何とか晴れて欲しいものです。

小・中学校の卒業式について
(1)実施日程
・ 中学校 3月19日(木)午前10時〜
・ 小学校 3月25日(水)午前10時〜
(小・中学校とも、学校により開始時刻に若干の前後あり)
(2)実施場所
・ 校庭(椅子席用意)で実施する。
・ 雨天の場合は体育館とする。
・ 雨天時の判断は教育委員会が行い、当日午前6時半を目途に区 ホームページ等に掲載する。
(3)式次第
開式、 国歌斉唱、卒業証書授与、学校長式辞、校歌斉唱、閉式
(4)出席者
・ 卒業生、教職員、保護者(卒業生1人につき1名とする)
ただし、体育館で実施する場合には保護者の出席は不可とする。

足立区のホームページに掲載されている情報です。

足立区が保有する施設(以下、区有施設)の利用者における、新型コロナウイルスに関連した感染症の症例が、東京都から足立区に報告されました。
区有施設の利用者の中での患者の発生は、今回が初めてです。

今回、区民のみなさまに正しい情報と、区として可能な限りの対応を進めていくことをお伝えするために、あえて区有施設の利用者の感染情報を公表いたしました。このような時こそ、正確な情報を得て、冷静な対応と感染拡大防止に、区民のみなさまのご協力をお願いいたします。
そして何より、自らに非がなく感染した患者、ご家族の人権尊重と個人情報の保護に、最大限のご理解とご配慮をいただくことを、重ねてお願い申し上げます。

1 患者の概要
(1)
年代:10歳未満
性別:女
居住地:足立区
主に利用する区施設:区立小学校
症状:咳
発症日:2月25日
渡航歴(注):無

(2)
年代:10歳未満
性別:男
居住地:足立区
主に利用する区施設:区立認可保育園
症状:咳
発症日:2月25日
渡航歴(注):無

なお、(1)と(2)の2名は、同居するきょうだいである。

【参考:東京都から公表】
(A)
年代:50代
性別:女
居住地:足立区
症状:発熱、咳
発症日:2月23日
渡航歴(注):無

(B)
年代:30代
性別:女
居住地:足立区
症状:咳
発症日:2月27日
渡航歴(注):無

(注)発症前14日以内における、中華人民共和国湖北省及び浙江省並びに大韓民国大邱広域市及び慶尚北道清道郡への滞在歴

2 確認した日にち
3月5日(木曜日)

3 これまでの経緯
【3月3日(火曜日)】
上記患者2名と住居を共にする家族(A)が、新型コロナウイルス感染症に感染していることが判明。
【3月4日(水曜日)】
患者2名が東京都内の医療機関で受診。あわせて検体を持ち込み、新型コロナウイルスの検査を実施。
【3月5日(木曜日)】
患者2名と家族(B)が新型コロナウイルス感染症に感染していることが判明。

4 患者の主な行動
【患者(1)】児童
2月25日(火曜日)から、熱は無く、咳が出ている状況。
2月28日(金曜日)まで、区立小学校に通常通り通学。
【患者(2)】園児
2月25日(火曜日)から、熱は無く、咳が出ている状況。
2月28日(金曜日)まで、区立認可保育園に通常どおり通園。

5 現在の状況および今後の対応
・すべての区立小学校(69校)は、3月2日(月曜日)から休校しています。
・患者が通園している区立認可保育園は、患者の最終登園日の翌日(2月29日(土曜日))から起算し、14日後(3月13日(金曜日))まで休園の予定です。
・当該区立小学校および区立認可保育園を一時閉鎖し、施設内を消毒します。
・当該区立小学校に通学する児童および区立認可保育園に通園する園児の保護者の皆様には、当該小学校または園を通じて別途ご連絡しました。

【問い合わせ先】
(新型コロナウイルス感染症について)
感染症対策課防疫係
電話:03-3880-5747
ファクス:03-3880-5371
Eメール:kansensho@city.adachi.tokyo.jp
(区立小学校について)
学校支援課庶務係
電話:03-3880-5961
ファクス:03-3880-5641
Eメール:kyoshokuin@city.adachi.tokyo.jp
(区立認可保育園について)
子ども施設運営課区立保育施設係
電話:03-3880-5888
ファクス:03-3880-5662
Eメール:kodomo-unei@city.adachi.tokyo.jp

新型コロナウイルス感染拡大に伴い、直接または間接的に影響を受け、売り上げが減少している区内中小企業者を対象として、その事業の再建に必要な資金調達を支援するため、下記のとおり「緊急経営資金」を実施します。

(1)資金名
緊急経営資金(新型コロナウイルス対策資金)

(2)実施期間
令和2年3月9日(月)から令和2年3月31日(火)
※事業継続の必要性がある場合は延長する。

(3)対象事業者
ア 1年以上継続して事業を営む中小企業者
※事業者の条件は既存融資制度と同様
イ 新型コロナウイルス感染拡大の影響により、令和2年2月以降の売り上げが、前年同期と比べ1円でも減少している事業者。

(4)限度額
1000万円

(5)資金使途
運転資金等

(6)区の補助
信用保証料全額補助。
利子補給については、5年間補給。うち初年度3%を上限に全額補助。2年目以降は条件あり。

助成金が出るポイントは、①企業が年次有給休暇とは別途休暇を取得させた場合で、②学校等休校となって休まざるを得ない場合又は感染した恐れがある子どもを世話するために休まざるを得ない場合となります。

学校等は小学校、特別支援学校(高等部まで)、幼稚園、保育園、認定こども園、学童、放課後デイ等となっています。
なぜこうした対象になっているかというと、1人では家に置いておけないということからこうした対象としています。また、自治体や事業主の判断で、就学前の保育園や学童、放課後デイを閉鎖しているところもあります。こうしたところも広く対象とすることとなっています。

支給額については、10/10ですが、日額上限が8330円です(雇用保険の基本手当の上限額)です。

適用日は令和2年2月27日(総理が一斉休校を要請した日)~3月31日の間に取得した臨時休暇(春休みは含みまず)です。

事業主が申請することになりますので、公明党としても、手続き等についてもできるだけ負担にならないようにと申し入れしています。

足立区新型コロナウイルス対策本部より、令和2年2月27日(木)に、新型コロナウイルスの感染拡大防止に関する政府方針が示されたことを受けて、区としての当面の対応方針を次のとおり取りまとめましたので、ご報告いたします。

1 区立小学校、中学校の休校等について
(1)休校について
国からの休校の要請があったため、下記の期間、区立小学校、中学校を休校とする。
なお、個別の指導、対応が必要な児童・生徒については、教員、スクールカウンセラーによる家庭訪問や、必要に応じて家庭学習用教材の送付などを行う。
【休校期間】令和2年3月2日(月)から春休み期間中
(延長の場合あり)
(2)卒業式について
卒業児童・生徒、教職員のみの出席で実施。
挙行日については、状況を見つつ、別途検討する。
※来賓は招待しない。

2 保育施設について
(1)保育について
通常保育を実施。
※幼稚園については、保育が必要な方に対応するよう要請した。
※感染症への対応等について文書通知済。
(2)卒園式について
区立保育園は、保護者1名のみ出席で開催。
※私立保育園や幼稚園にも同様の対応を依頼した。

3 学童保育室及び「ランドセルで児童館」について
通常実施。

4 放課後子ども教室
休止。
【休止期間】令和2年3月2日(月)から3月31日(火)
(延長の場合あり)

5 区施設(子どもに関する施設を含む)における対応
住区センター、地域学習センター、屋内スポーツ施設、屋外スポーツ施設、ギャラクシティ、生物園、都市農業公園などを原則として休止とする。詳細については、本日中に区ホームページに掲載する。
【休止期間】令和2年3月2日(月)から3月31日(火)
(延長の場合あり)

6 施設使用料の返金等について
(1)施設利用の休止に伴う施設利用料は返金する。
(2)事業者の損失補てんについては、別途協議に基づき必要経費を支弁する。 (3)郵送料、電話代等は返金しない。

7 区主催・共催イベントの中止について
原則として区主催・共催のイベントは中止とする。
4月4日(土)〜5日(日)に開催を予定していた「舎人公園千本桜まつり」「花めぐりバス」も中止する。
【対象期間】令和2年3月2日(月)から4月5日(日)
(延長の場合あり)

8 職員の時差出勤について
新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため職員の時差出勤制度を臨時に導入し、午前7時30分からの勤務を認める。
なお開庁時間の変更はない。
【対象期間】令和2年3月1日(日)から3月31日(火)
(延長の場合あり)

9 区施設の清掃強化について
現在、開庁前に行っている水拭き清掃は、カウンターや待合椅子などについて、洗剤を用いて強化する。また、トイレの洗面器や便器の清掃については、洗剤に加え、消毒液を用いて強化する。

10 区民の罹患等について
令和2年2月28日(金)午後5時現在、足立区民の罹患者及び、区内での罹患者は確認されていない。

11 区民への周知
あだち広報、区ホームページ、Aメール、SNS等で随時発信していく。

 

Twitter
ブログバックナンバー
サイト管理者
足立区 佐々木雅彦
sasa17562008@yahoo.co.jp